蔡培

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蔡培
Cai Pei.jpg
『最新支那要人伝』1941年
プロフィール
出生: 1884年光緒10年)
死去: 1960年
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国上海市
出身地: 清の旗 江蘇省常州府無錫県
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 蔡培
簡体字 蔡培
拼音 Cài Péi
和名表記: さい ばい
発音転記: ツァイ ペイ
ラテン字 Ts'ai P'ei
テンプレートを表示

蔡 培(さい ばい)は、中華民国の政治家・外交官。南京国民政府(汪兆銘政権)で南京市長、駐日大使などをつとめた要人である。子平

事跡[編集]

日本に留学し、早稲田大学法科を卒業し、法学士称号を取得した。帰国後は、柳亜子らが組織した南社に所属し、衆議院議員にもなった。1928年民国17年)1月、国民政府交通部秘書となる。6月、参事となった。1930年(民国19年)1月、交通部航政司司長となる。1935年(民国24年)8月、内政部民政司司長に異動した。

1940年(民国29年)3月、汪兆銘(汪精衛)が南京国民政府を組織すると、蔡培は工商部政務次長に任命された。6月、南京特別市市長に任命される。翌年12月、糧食管理委員会委員長に異動した。以後、行政院政務委員、国民政府政務参賛を歴任する。1943年(民国32年)3月、駐日大使となった。1945年(民国34年)5月、大使から退き、帰国して国民政府委員となった。

日本敗北後の9月、蔡培は漢奸として逮捕され、上海提藍橋監獄に収監された。1946年(民国35年)7月、上海高等法院で蔡培は「中日親善」を推進したなどの罪により死刑を言い渡される。上告後の翌年11月に、最高法院で無期懲役に減刑された。中華人民共和国建国後も引き続き上海で収監されている。1956年8月、医療を付される。

1960年、病没。享年77。

参考文献[編集]

 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
高冠吾
南京特別市長
1940年6月 - 1942年1月
次代:
周学昌