湯浅秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯浅ゆあさ 秀樹ひでき
JMSDF Vice Admiral Hideki Yuasa 湯浅秀樹海将 (US Navy photo 180216-N-XXXXX-001 Japan Maritime Self-Defense Force Tours NSWC Dahlgren).jpg
湯浅海将
生誕 1964年2月??
日本の旗 日本 徳島県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1986年 -
最終階級 JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海将
テンプレートを表示

湯浅 秀樹(ゆあさ ひでき、1964年昭和39年)2月- )は、日本海上自衛官。第51代自衛艦隊司令官

略歴[編集]

徳島県出身。防衛大学校(第30期)を卒業後、海上自衛隊に入隊。 職種は水上艦艇(船務)。 入隊後は主に護衛艦海上幕僚監部等で勤務したのち、掃海隊群司令、海上自衛隊幹部学校長等の要職を歴任し、第39代護衛艦隊司令官を経て、2020年(令和2年)8月7日の閣議において、8月25日付をもって自衛艦隊司令官に任命する旨の人事が了承・発令された[1]

年譜[編集]

  • 1986年(昭和61年)3月:防衛大学校第30期卒業(電気工学)、海上自衛隊入隊
  • 2000年(平成12年)7月:2等海佐
  • 2001年(平成13年)3月:海上幕僚監部装備体系課勤務
  • 2002年(平成14年)8月:護衛艦みねゆき艦長
  • 2003年(平成15年)8月:防衛研究所所員
  • 2004年(平成16年)7月:海上幕僚監部補任課勤務
  • 2005年(平成17年)1月:1等海佐
  • 2007年(平成19年)8月:海上幕僚監部装備体系課勤務
  • 2007年(平成19年)12月:海上幕僚監部装備体系課艦船体系班長
  • 2008年(平成20年)3月:第14護衛隊司令
  • 2010年(平成22年)3月:海上幕僚監部人事教育部補任課服務室長
  • 2010年(平成22年)8月:海上幕僚監部人事教育部補任課長
  • 2011年(平成23年)12月:海将補に昇任、第2護衛隊群司令
  • 2013年(平成25年)12月:練習艦隊司令官
  • 2014年(平成26年)12月:防衛大学校訓練部長
  • 2016年(平成28年)3月:掃海隊群司令
  • 2017年(平成29年)12月:海将に昇任、海上自衛隊幹部学校長
  • 2019年(平成31年)4月:第39代護衛艦隊司令官
  • 2020年(令和2年)8月:第51代自衛艦隊司令官

出典[編集]

  • 防衛省人事発令(2008~2010 1佐人事)(2011~2016将補人事) (2016~2020将人事)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 防衛省発令(将人事)(2020年8月25日付)
先代:
糟井裕之
自衛艦隊司令官
第51代:2020年-
次代:
現職
先代:
糟井裕之
護衛艦隊司令官
第39代:2019年-2020年
次代:
齋藤聡