齋藤聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
齋藤さいとう あきら
海上自衛隊齋藤聡海将.jpg
齋藤海将
生誕 1966年7月??
日本の旗 日本長崎県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1989年 -
最終階級 JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海将
テンプレートを表示

齋藤 聡(さいとう あきら、1966年昭和41年)7月 - )は、日本海上自衛官。第43代海上幕僚副長

略歴[編集]

長崎県佐世保市出身。防衛大学校を第33期卒業し、海上自衛隊に入隊。職種は水上艦艇(船務)[要出典]

入隊後は主に護衛艦海上幕僚監部等で勤務したのち、海上自衛隊幹部候補生学校長、海上幕僚監部防衛部長等の要職を歴任し、第40代護衛艦隊司令官を経て、2021年令和3年)12月22日付で第43代海上幕僚副長に任命された。[1]

年譜[編集]

  • 1989年(平成元年)3月:防衛大学校第33期卒業、海上自衛隊入隊
  • 2003年(平成15年)7月:2等海佐
  • 2005年(平成17年)4月:第4護衛隊群幕僚
  • 2006年(平成18年)3月:いそゆき 艦長
  • 2008年(平成20年)1月:1等海佐
  • 2008年(平成20年)3月:護衛艦隊司令部幕僚
  • 2008年(平成20年)7月:幹部学校付(米海大指揮課程)
  • 2009年(平成21年) 7月:海上幕僚監部防衛課勤務
  • 2010年(平成22年) 7月:海上幕僚監部防衛課防衛班長兼幹部学校
  • 2011年(平成23年)8月:第14護衛隊司令
  • 2012年(平成24年)7月:海上幕僚監部教育課長
  • 2013年(平成25年)8月:海上幕僚監部補任課長
  • 2014年(平成26年)8月:海将補に昇任、第1護衛隊群司令
  • 2016年(平成28年)7月:護衛艦隊司令部幕僚長
  • 2017年(平成29年)8月:海上自衛隊幹部候補生学校長
  • 2018年(平成30年)8月:海上幕僚監部防衛部長
  • 2020年(令和2年)8月:海将に昇任、第40代護衛艦隊司令官
  • 2021年(令和3年)12月:第43代海上幕僚副長

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 防衛省発令(将人事)(2021年12月22日付)

出典[編集]

  • 防衛省人事発令(2008~2013 1佐人事)(2013~2019将補人事) (2020将人事)
先代:
西成人
海上幕僚副長
第43代:2021年 -
次代:
現職
先代:
湯浅秀樹
護衛艦隊司令官
第40代:2020年-2021年
次代:
福田達也