青森県道26号青森五所川原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
青森県道26号標識
青森県道26号 青森五所川原線
主要地方道 青森五所川原線
津軽あすなろライン
制定年 1961年
開通年 未調査
起点 青森市 国道280号交点(地図
終点 五所川原市 国道339号交点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0280.svg国道280号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道36号標識
青森県道36号五所川原金木線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道279号標識
青森県道279号津軽飯詰停車場線
Japanese National Route Sign 0339.svg国道339号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
五所川原市太刀打付近

青森県道26号青森五所川原線(あおもりけんどう26ごう あおもりごしょがわらせん)は青森県青森市から五所川原市に至る県道主要地方道)である。愛称は津軽あすなろライン

概要[編集]

青森市油川の起点で国道280号から南西へ分岐し、津軽半島を横断し、五所川原市太刀打で津軽自動車道国道101号浪岡五所川原道路)の高架下で国道339号に接続する。

津軽半島を横断する中山山脈をはさむ区間は冬季に閉鎖される。

津軽半島を横断する県道は、ほかに青森県道2号屏風山内真部線青森県道12号鰺ケ沢蟹田線がある。

路線データ[編集]

  • 起点 : 青森市(国道280号交点)[1]
  • 終点 : 五所川原市(国道339号交点)[1]
  • 冬期交通規制区間 : 青森市新城天田内 - 五所川原市飯詰影日沢(12月上旬 - 4月中旬)

歴史[編集]

1933年昭和8年)に津軽急行自動車が国有林道を拡張し、バス専用道路として造り上げ[要出典]1961年には県道に認定されている。

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線の施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 県道の路線の認定”. 青森県 (1961年2月10日). 2014年5月24日閲覧。
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]