青森県道2号屏風山内真部線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svg
青森県道2号標識
青森県道2号 屏風山内真部線
起点 つがる市地図
主な
経由都市
五所川原市
終点 青森市地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
青森県道12号標識
青森県道12号鰺ケ沢蟹田線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
青森県道184号標識
青森県道184号下派立沼崎線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
青森県道43号標識
青森県道43号五所川原車力線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
青森県道151号標識
青森県道151号蒔田五所川原線
Japanese National Route Sign 0339.svg 国道339号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
青森県道195号標識
青森県道195号喜良市嘉瀬停車場線
Japanese National Route Sign 0280.svg 国道280号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
五所川原市金木町藤枝付近

青森県道2号屏風山内真部線(あおもりけんどう2ごう びょうぶざんうちまんぺせん)は青森県つがる市から青森市に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

つがる市牛潟町大田光の青森県道12号鰺ケ沢蟹田線交点から東へ分岐し、田光沼の北側を通過後に岩木川に架かる神田橋を経て、五所川原市金木町で太宰治の生家「斜陽館」前を通過したのち、国道339号および津軽鉄道津軽鉄道線と交差する(金木町地区中心部には狭路区間あり)。その後津軽半島を横断し、青森市内真部で北海道新幹線及び国道280号内真部バイパスと交差。続いて同・清水字浜元でJR東日本津軽線と交差後に国道280号現道交点・終点に至る。

五所川原市金木町喜良市付近で、当地出身の演歌歌手吉幾三が建てた通称“ホワイトハウス”の横を通過する。

路線データ[編集]

青森県例規集[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

  • 起点 : 鯵ケ沢蟹田線交点(つがる市牛潟町)[1]
  • 終点 : 国道280号交点(青森市)[1]
  • 重要な経過地:五所川原市金木町
  • 冬期交通規制区間 : 五所川原市金木町喜良市 - 青森市内真部(12月上旬 - 4月上旬)

歴史[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線の施設など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 県道路線認定に関する告示(昭和47年3月28日青森県告示第235号)”. 青森県例規全集. 青森県. 2014年6月4日閲覧。
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]