音楽隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

音楽隊(おんがくたい)は、諸外国の軍楽隊に相当する航空自衛隊の部隊である。航空自衛隊の職種の一つである「音楽員[1]」の隊員で編成され、音楽演奏を主な任務とする。同様に陸上自衛隊海上自衛隊にも、それぞれ音楽隊が編成されている。

航空中央音楽隊(2015年10月)

任務[編集]

航空自衛隊音楽隊の任務は、大きく次の四つに分類される[2]

儀式・式典演奏
音楽隊の最も重要な任務として、国家行事における演奏や、外国要人等が来日時の式典演奏を行う。
士気振作
隊員の士気の振作しんさく鼓舞する・励ますの意味)のため、各基地を訪問して演奏を行う[3]
広報活動
自衛隊の広報活動の一環として、定期演奏会[4]などの演奏会をはじめ、CD録音、テレビ番組の収録[5]および、民間の行事(競馬GI競走のファンファーレ[6]大相撲千秋楽[7]国歌斉唱など)において演奏を行う。
国際的な活動
国際軍楽祭への参加等、国際親善を目的とした広報活動を行う。

編成[編集]

航空自衛隊には、防衛大臣直轄部隊である航空中央音楽隊があるほか、各地域を管轄する四つの航空方面隊にもそれぞれ音楽隊がある。

航空中央音楽隊[編集]

東京都立川市立川分屯基地に駐屯している。

沿革
1月8日: 浜松基地業務部音楽隊が18名編成で仮編成される。
7月25日: 中央への進出が認められ、立川分屯基地に移駐。第1補給処広報班付(音楽要員)になる。
4月26日: ドワンゴが主催するイベント「ニコニコ超会議2015」に出演[8]
4月29日: 社団法人日本管打・吹奏楽学会から、「第25回日本管打・吹奏楽アカデミー賞(演奏部門)」を受賞[9][10]
  • 2017年(平成29年):航空自衛隊初の声楽要員(森田早貴)(ピアノ兼務)が配属される。
  • 2018年(平成30年)
9月22日: ドイツ・デュッセルドルフ市で開催された「ドイツ国際軍楽祭(ドイツ・ミリタリー・タトゥー)2018」に参加[11]
9月28-30日: オランダ・ロッテルダム市で開催された「オランダ国際軍楽祭(オランダ・ミリタリー・タトゥー)2018」に参加[12]
歴代の航空中央音楽隊長(特記ない限り2等空佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職
臨時航空音楽隊長
-
松本秀喜 1959.10.23 - 1961.1.31 陸軍戸山学校 陸上自衛隊(中央音楽隊副隊長)から転官 航空音楽隊長
航空音楽隊長
1 松本秀喜 1961.2.1 - 1965.12.31 陸軍戸山学校 臨時航空音楽隊長
→1964.6.1 1等空佐昇任
退職
→第3代警視庁音楽隊
2 渡辺一 1966.1.1 - 1970.3.15 陸軍戸山学校 航空音楽隊
→1968.1.1 2等空佐昇任
航空自衛隊補給統制処
→1970.3.31 退職
3 塚原國男
(3等空佐)
1970.3.16 - 1972.6.30 陸軍戸山学校 航空音楽隊 退職・2等空佐昇任
4 斎藤高順
(1等空佐)
1972.7.1 - 1976.3.29 東京音楽学校
陸軍戸山学校
航空幕僚監部人事教育部付
(作曲家[注釈 1]
退職
→第4代警視庁音楽隊長
5 長野浩二 1976.3.30 - 1978.9.15 航空音楽隊
→1977.1.1 2等空佐昇任
航空幕僚監部監理部総務課
6 目良與市 1978.9.16 - 1979.10.27 航空音楽隊
→1979.1.1 2等空佐昇任
死去[13]
-
清水佐一
(1等空尉)
1979.10.27 - 1979.11.1 職務代理
7 印南智之 1979.11.2 - 1982.4.5 航空音楽隊 航空中央音楽隊長
航空中央音楽隊長
7[注釈 2] 印南智之 1982.4.6 - 1987.6.30 航空音楽隊長 航空自衛隊第1補給処立川支処付
8 進藤潤 1987.7.1 - 2000.1.3 国立音楽大学 航空中央音楽隊
→1987.7.1 2等空佐昇任
航空中央音楽隊付
→2000.3.18 退職・1等空佐
9 高木義勝 2000.1.4 - 2005.3.31 国立音楽大学 中部航空音楽隊長
10 大坪修 2005.4.1 - 2008.3.31 防衛大学校30期 西部航空方面隊司令部総務課長 自衛隊帯広地方協力本部募集課長
11 松山洋伸 2008.4.1 - 2010.8.31 防衛大学校33期 航空幕僚監部人事教育部補任課
12 立山吉博 2010.9.1 - 2012.7.31 防衛大学校33期 航空自衛隊幹部学校人事課長
13 水科克夫 2012.8.1 - 2016.6.14 国立音楽大学 西部航空音楽隊長 退職・1等空佐
14 中嶋明 2016.6.15 - 2017.3.30 一般幹部候補生96期 航空中央音楽隊副隊長
15 那須純一 2017.3.31 - 防衛大学校33期 第3輸送航空隊監理部長
16 松井徹生 2018.7.15 - 日本大学芸術学部 西部航空音楽隊長

方面音楽隊[編集]

各航空方面隊にそれぞれ直轄の音楽隊がある。各隊長の階級は3等空佐または1等空尉

隊員の処遇[編集]

採用[編集]

音楽隊員になるためには自衛官採用試験に合格するだけでなく、9月ごろに各音楽隊で実施される部隊説明会に参加し、実技を行う必要がある[15]。募集対象は要員に空きがあるパートのみであり、その応募倍率は、パートごとにそれぞれ10~20倍になる[1]。音楽隊員になることができる自衛官採用試験の区分は、自衛官候補生一般曹候補生および一般幹部候補生[16](音楽要員)である。入隊後には採用区分別に自衛官としての基礎教育を一般隊員とともに教育隊で受ける。その教育期間中に改めて音楽要員の適性検査(演奏実技、楽典、ソルフェージュ、面接等)を受ける[17]。検査に合格した者は教育隊の課程終了後、航空中央音楽隊で約1か月間の集合教育訓練を受けた後に、各音楽隊へ配属される[17]

定年[編集]

自衛隊の多くの職種では、1佐以下の階級の者の定年は60歳未満(2曹・3曹の53歳から1佐の56歳まで4段階)であるが、音楽の職務にたずさわる自衛官の定年は、階級にかかわらず60歳と定められている[18]

注釈[編集]

  1. ^ 初めて民間から招聘された自衛隊音楽隊長。
  2. ^ 航空中央音楽隊では、前身の航空音楽隊からの通番で隊長の代を表記している。

出典[編集]

  1. ^ a b スペシャルコンテンツ > 隊員インタビュー > 音楽員”. 航空自衛隊 (2006年9月). 2015年7月2日閲覧。
  2. ^ 音楽隊の任務・活動”. 航空中央音楽隊. 2015年1月2日閲覧。
  3. ^ 入間基地Twitter”. 入間基地 (2019年5月10日). 2019年5月11日閲覧。
  4. ^ 航空中央音楽隊 第52回定期演奏会@すみだトリフォニーホール”. 航空中央音楽隊. 2015年1月2日閲覧。
  5. ^ TBS日曜劇場『空飛ぶ広報室』に出演しました!!”. 航空中央音楽隊. 2015年1月2日閲覧。
  6. ^ JRA競馬GI天皇賞(秋)/23年10月30日”. 航空中央音楽隊. 2015年1月2日閲覧。
  7. ^ 航空自衛隊Twitter”. 航空自衛隊 (2017年5月30日). 2019年7月19日閲覧。
  8. ^ ニコニコ超会議2015@幕張メッセ”. 航空中央音楽隊. 2015年5月28日閲覧。
  9. ^ 第25回日本管打・吹奏楽アカデミー賞表彰式@講道館”. 航空中央音楽隊. 2018年9月1日閲覧。
  10. ^ 第25回 日本管打・吹奏楽アカデミー賞 ACADEMY25”. 一般社団法人日本管打・吹奏楽学会. 2018年9月1日閲覧。
  11. ^ 航空中央音楽隊のドイツ国際軍楽祭参加について”. 航空自衛隊. 2018年10月4日閲覧。
  12. ^ 航空中央音楽隊のオランダ国際軍楽祭参加について”. 航空自衛隊. 2018年10月4日閲覧。
  13. ^ 『官報』本紙15859号(昭和54年11月29日)
  14. ^ a b c d e 音楽隊の歴史”. 航空中央音楽隊. 2015年7月2日閲覧。
  15. ^ リクルート関連・メイン”. 航空中央音楽隊. 2015年1月2日閲覧。
  16. ^ 2019年度 航空自衛隊一般幹部候補生(音楽要員)の採用について”. 航空中央音楽隊. 2019年3月27日閲覧。
  17. ^ a b リクルート関連 Part-2 音楽隊員になるためのワークフロー”. 航空中央音楽隊. 2019年3月27日閲覧。
  18. ^ 自衛官の階級 (注)2”. 防衛省. 2014年10月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]