永井三明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永井 三明(ながい みつあき、1924年大正13年) - )は、日本の西洋史研究者。永井岩之丞の孫。永井繁の子。

経歴[編集]

京都大学文学部史学科卒業。同志社大学助教授、教授を経て、名誉教授

受賞歴[編集]

 『ヴェネツィア貴族の世界 社会と意識』(刀水書房 1994年)

 『マキァヴェッリ全集1~6』(筑摩書房 1998-2000年) 共同受賞

著書[編集]

  • 『ヴェネツィア貴族の世界―社会と意識』 刀水書房 1994年 ISBN 9784887081611
  • 『ヴェネツィアの歴史―共和国の残照』 刀水書房 2004年 ISBN 9784887082854

翻訳[編集]

  • 旧版 『政治と人間をめぐる断章』 清水弘文堂書房(1970年)。上記は改訳版
  • 旧版 『世界の名著16 マキアヴェリ』、中央公論社(1966年)に収録。上記は改訳版
  • マイケル・L. ブッシュ(Michael Laccohee Bush)『貧乏貴族と金持貴族』(和栗珠里、和栗了共訳)、刀水書房、2005年 ISBN 9784887083080