富岡幸一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富岡 幸一郎
(とみおか こういちろう)
生誕 (1957-11-29) 1957年11月29日(59歳)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 関東学院大学
文学部比較文化学科教授
鎌倉文学館館長
出身校 中央大学文学部仏文科卒業
(現・文学部人文社会学科
フランス語文学文化専攻)
影響を
受けた人物
三島由紀夫小林秀雄
主な受賞歴 第22回群像新人文学賞
評論部門 優秀作
プロジェクト:人物伝

富岡 幸一郎(とみおか こういちろう、1957年(昭和32年)11月29日 - )は、日本文芸評論家関東学院大学文学部比較文化学科教授鎌倉文学館館長[1]神奈川県鎌倉市雪ノ下に在住[1]

経歴[ソースを編集]

東京都出身。少年時代は野球選手を目指していたが、中学1年生の頃に文学に出会う事となる[1]三島由紀夫の表現の豊かさ、言葉の魅力に惚れ込み、高校生になると小林秀雄のファンになる[1]中央大学附属高等学校[要出典]中央大学文学部仏文科(現・文学部人文社会学科フランス語文学文化専攻)卒業[2]

1979年(昭和54年)、大学在学中に書いた評論「意識の暗室 埴谷雄高三島由紀夫」が第22回群像新人文学賞評論部門の優秀作を受賞する[注 1][1]。1991年(平成3年)にドイツに留学し、同じ頃に住まいを都内から鎌倉に移した[1]関東学院女子短期大学助教授、関東学院大学教授。

保守論客として、『北の発言』への常連執筆に加え『正論』、『撃論』、『諸君!』『わしズム』、代表編集委員を務める『表現者』に寄稿。

文芸批評家の新保祐司との対談本、共著が多くある。また、30歳過ぎで鎌倉の日本基督教団教会洗礼を受けた敬虔なクリスチャンであり、自らが信仰するキリスト教と関わりのある人士(内村鑑三カール・バルト等)に関する評伝を書いている。

座談会本『皆殺し文芸批評』では絓秀実福田和也等と討論している。

2007年10月に個人ブログを開設し自身の長女にブログの更新を任せていたが、その後長女が嫁いでしまった為にブログができないと話している[1]。2012年4月1日付で鎌倉文学館の4代目館長に就任[1]

TV出演[ソースを編集]

タイトル 放送日
世界的な混乱で、国民を束ねるのはファシズムか? 2008年10月18日
人生相談~現代の若者を励ますために~ 2008年11月15日
言いたい放だい2008大晦日スペシャル 2008年12月31日
交代制で不定期キャスターを務め、「ズバリ文化批評」と題したコラムも担当。

著書[ソースを編集]

単著[ソースを編集]

  • 『戦後文学のアルケオロジー』(福武書店 1986年)
  • 『内村鑑三 偉大なる罪人の生涯』(シリーズ民間日本学者15:リブロポート 1988年/中公文庫 2014年)
    • 『内村鑑三 シリーズ宗教と人間』(五月書房 2001年)。新保祐司との対話も収録。
  • 『批評の現在』(構想社 1991年)
  • 『仮面の神学 三島由紀夫論』(構想社 1995年)
  • 『使徒的人間 カール・バルト』(講談社 1999年/講談社文芸文庫 2012年)
  • 『言葉言葉言葉 時代と文学を読む』(発言者双書6:秀明出版会 1999年)
  • 『打ちのめされるようなすごい小説』(飛鳥新社 2003年)
  • 『悦ばしき神学 カールバルト『ローマ書講解』を読む』(五月書房 2004年)
  • 『非戦論』(NTT出版 2004年)
  • 『聖書をひらく』(編書房 2004年)
  • 『文芸評論集』(アーツ・アンド・クラフツ 2005年)
  • 『新大東亜戦争肯定論』(飛鳥新社 2006年)
  • 『講座日本のキリスト教芸術3 文学』(日本基督教団出版局 2006年)
  • 『温泉小説』(アーツ・アンド・クラフツ 2006年)
  • 『スピリチュアルの冒険』(講談社現代新書 2007年)
  • 『千年残る日本語へ』(NTT出版 2012年)
  • 『最後の思想 三島由紀夫と吉本隆明』(アーツアンドクラフツ 2012年)
  • 『北の思想 一神教と日本人』(書籍工房早山 2014年)
  • 『川端康成 魔界の文学』(岩波書店岩波現代全書〉 2014年)

共編著[ソースを編集]

監修[ソースを編集]

  • 芥川龍之介の鎌倉物語 青春のうた 図録(編:鎌倉市芸術文化振興財団鎌倉文学館 2006年)
  • 妻を失う 離別作品集(選:講談社文芸文庫、2014年)

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ なお、小説部門の当選者は村上春樹であった[1]
  2. ^ 大江健三郎後藤明生井上ひさし田中小実昌水上勉辻邦生古井由吉桐山襲へのインタビューの集成

出典[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]