三浦俊彦 (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三浦 俊彦
(みうら としひこ)
人物情報
生誕 (1959-07-30) 1959年7月30日(58歳)[1]
長野県[1]
学問
研究分野 美学分析哲学[1]
研究機関 東京大学人文社会系研究科美学藝術学専攻教授
特筆すべき概念

可能世界」を用いたフィクション論

人間原理」を用いた意識論[2]
主要な作品 虚構世界の存在論』(1995年)
可能世界の哲学』(1997年)
多宇宙と輪廻転生』(2007年)[2]
影響を
受けた人物
バートランド・ラッセル[3]
テンプレートを表示

三浦 俊彦(みうら としひこ、1959年(昭和34年)7月30日 - )は、日本美学者哲学者小説家東京大学教授(人文社会系研究科・美学藝術学講座)。論理パラドクス関係の著作やサプリメントの愛用者として知られる[4]

人物[編集]

長野県生まれ[1]東京都立立川高等学校を経て、1983年東京大学文学美学芸術学科を卒業。東京大学大学院の比較文学比較文化課程へ進学、1989年博士課程満期退学[2]和洋女子大学専任講師となり、助教授を経て教授。2015年東京大学人文社会系研究科美学藝術学教授。

虚構世界論等の美学・哲学の研究者だが、1990年(平成2年)、『M色のS景』で小説新潮新人賞の優秀作となり小説家デビューした。1995年(平成7年)に発表した『蜜林レース』は三島由紀夫賞芥川龍之介賞の候補になった。健康食品オタクとして知られ、三食をカップ麺で過ごし、さらに300錠以上のサプリメントを毎日呑んでいる[5][6][7]。本人の公式サイトでは多量のアフォリズム映画評論が公開されている[3]。映画評論は主にエログロナンセンスを扱った映画が多く、糞、血などの描写が重要視されている[3]2000年(平成12年)以降は論理学の入門書がよく売れている。(研究・評論を参照。)

著作[編集]

小説[編集]

エッセイ[編集]

研究・評論[編集]

  • 『虚構世界の存在論』 勁草書房、1995年4月。ISBN 4-326-15305-9 - 巻末:引証文献表。
  • 『可能世界の哲学 「存在」と「自己」を考える』 日本放送出版協会〈NHKブックス 790〉、1997年2月。ISBN 4-14-001790-2
  • 『論理学入門 推論のセンスとテクニックのために』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2000年9月。ISBN 4-14-001895-X - 文献あり。
  • 『論理パラドクス 論証力を磨く99問』 二見書房、2002年10月。ISBN 4-576-02166-4
  • 『論理サバイバル 議論力を鍛える108問』 二見書房、2003年5月。ISBN 4-576-03077-9
  • 『論理学がわかる事典 読みこなし使いこなし活用自在』 日本実業出版社、2004年2月。ISBN 4-534-03710-4
  • 『心理パラドクス 錯覚から論理を学ぶ101問』 二見書房、2004年10月。ISBN 4-576-04168-1
  • 『ラッセルのパラドクス 世界を読み換える哲学』 岩波書店〈岩波新書〉、2005年10月。ISBN 4-00-430975-1 - 文献あり。
  • 『ゼロからの論証』 青土社、2006年8月。ISBN 4-7917-6282-7 - 文献あり。
  • 『のぞき学原論』 三五館、2007年2月。ISBN 978-4-88320-371-0
  • 『多宇宙と輪廻転生 人間原理のパラドクス』 青土社、2007年12月。ISBN 978-4-7917-6383-2 - 文献あり。
  • 『戦争論理学 あの原爆投下を考える62問』 二見書房、2008年9月。ISBN 978-4-576-08121-2 - 文献あり。
  • 『論理パラドクシカ 思考のワナに挑む93問』 二見書房、2011年3月。ISBN 978-4-576-11027-1
  • 『思考実験リアルゲーム 知的勝ち残りのために』 二見書房、2014年4月。ISBN 978-4-576-14039-1 - 文献あり。
  • 『天才児のための論理思考入門』河出書房新社 2015年6月。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]