佐藤智加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 智加(さとう ともか、1983年[1] - )は、日本小説家愛知県名古屋市出身[1]。父は萩原朔太郎研究で知られる国文学者の佐藤房儀(元中京大学大学院文学研究科長)。

愛知県立天白高等学校在学中の1999年、「死というものの日常」で中野重治記念文学奨励賞第8回全国高校生詩のコンクール優秀作受賞[1]2000年「肉触」で第37回文藝賞優秀賞を受賞[1]

2002年慶應義塾大学環境情報学部入学。2003年『壊れるほど近くにある心臓』で第16回三島由紀夫賞候補。2006年慶大卒業。

作品リスト[編集]

  • 『肉触』(2001年1月、河出書房新社
    • 「肉触」(『文藝』2000年冬号)
    • 「睡郷に帰す君に」
  • 『壊れるほど近くにある心臓』(2003年3月、河出書房新社)
  • 単行本未収録作品
    • 「ZWAPPEN」(『文藝』2002年秋号)
    • 「孫入り」(『群像』2003年7月号)
    • 「水棲の音」(『群像』2006年5月号)
    • 「穴の愉しみ」(『文藝』2006年秋号)
    • 「隣人の生活」(『群像』2008年5月号)
    • 「霧を駆ける」(『文学界』2008年11月号)

出典[編集]

  1. ^ a b c d 佐藤 智加”. 河出書房新社. 2014年4月24日閲覧。
[ヘルプ]