環境情報学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

環境情報学部(かんきょうじょうほうがくぶ)とは、環境情報の学問の研究教授を目的とする大学学部である。 各大学により、「環境」という言葉の扱われ方が大きく違うため、定義は難しい。

主に自然環境学または社会環境学に、情報技術の思考を取り入れるような、一般的な情報技術に他の思考を取り入れる事によって、幅広い知識(情報技術バイオテクノロジー政策学)を持った学生を輩出しようと指向されている。

これと政策学を共に学ぶことによって、多面的に社会の諸問題を解決しようとする大学、社会的ニーズである自然環境情報技術を研究し、エコロジーを探求しようとする大学など、同じ「環境情報学部」でも教育・研究の方針は大学によってさまざまである。1990年に日本で初となる環境情報学部を設置した慶應義塾大学は近年「環境」の重要性も高まってきたとして、2007年から学部の英語名を“Faculty of Environmental Information”から“Faculty of Environment and Information Studies”に変更している。

環境情報学という名を持つ大学・研究機関[編集]

環境情報学という名を持たないが、同様の内容をもつ大学・研究機関[編集]