魚住陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魚住 陽子(うおずみ ようこ、本名: 加藤陽子、1951年10月23日[1] - )は、日本小説家埼玉県出身。埼玉県立小川高等学校卒業。書店、出版社に勤務するかたわら同人誌で詩を書く。池袋コミュニティ・カレッジの小説講座に通い、同人誌『こみゅにてぃ』に小説を発表。1989年「静かな家」で芥川賞候補、「奇術師の家」で第1回朝日新人文学賞受賞、1991年「別々の皿」で芥川賞候補、「公園」で三島由紀夫賞候補、93年「流れる家」で芥川賞候補。1996年『動く箱』で野間文芸新人賞候補。個人誌「花眼」を発行している。また、近年は俳人としても活動している。

著書[編集]

  • 『奇術師の家』朝日新聞社 1990 のち文庫
    • (奇術師の家、静かな家(『こみゅにてぃ』25号)遠い庭、秋の棺)
  • 『雪の絵』(1992年、新潮社
    • (別々の皿、雪の絵、秋の指輪、雨の中で最初に濡れる)
  • 『公園』(1992年、新潮社)
    • (6月、雨、あの人のいない日、夏の終わり、蝙蝠、はじまり)
  • 『動く箱』(1995年、新潮社)
    • (動く箱、雨の箱、流れる家、敦子の二時間)
  • 『水の出会う場所』駒草出版ダンク出版事業部 2014

[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008年