デビット・ゾペティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デビット・ゾペティDavid Zoppetti1962年2月26日 - )は、スイス生まれ、日本在住の小説家イタリア系。

経歴[編集]

ジュネーヴ出身[1]。非母語である日本語で作家活動を行う。ジュネーヴ大学日本語学科を中退して来日、同志社大学文学部国文学専攻に編入。卒業後の1991年、テレビ朝日初の外国籍社員として入社。入社直後の1991年4月5日に十数名の新入社員の一人として「森田健作の熱血テレビ」のオープニングに出演。司会の森田健作に引っ張りだされて紹介されている。

その後、報道番組「ニュースステーション」で記者兼ディレクターとして活躍。また、同社の男性育児休業取得者第1号ともなる。

1996年、『いちげんさん』で、第20回すばる文学賞を受賞。第116回芥川賞候補。1998年、テレビ朝日を退社し執筆に専念。

2000年『アレグリア』で第13回三島由紀夫賞候補。2001年『旅日記』で第50回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。ドイツ語フランス語イタリア語英語、日本語の5か国語に通じるマルチリンガルである。なお、曾祖父母の代まで遡ると、イタリア人、アメリカ人、ウクライナ人、イラク人とポーランド人の直系先祖がいて、本人は「純粋な混血」と自称する、という逸話もある。執筆の傍ら、若石健康法のリフレクソロジストとしても活動中。

著書[編集]

  • 『いちげんさん』(1997年、集英社)のち文庫
  • 『アレグリア』(2000年、集英社)
  • 『旅日記 A Travel Diary, Un Journal de Voyage』(2001年、集英社)
  • 『命の風』(2005年、幻冬舎
  • 『不法愛妻家』新潮社、2012
  • 『旅立ちの季節』講談社、2016

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.454

関連項目[編集]

外部リンク[編集]