辻征夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 征夫(つじ ゆきお、1939年8月14日 - 2000年1月14日)は詩人東京都出身。東京都立墨田川高等学校を経て明治大学文学部卒業。俳号貨物船

来歴[編集]

1939年(昭和14年)8月14日浅草に生まれる。1954年、14歳の頃から詩を読み始め、翌年には詩作に没頭するようになる。雑誌への投稿もこの頃に始める。

1957年春に書かれた小品「美しいもの」は、言葉がいかに詩人を魅了したか、詩的体験の魅惑的な相貌を、読む者に明白に追体験させる力に満ちている。しかしこの年の秋、「木」が発表されて後、辻は書けなくなる。辻自身によれば、この作品は絶望の詩であった。ランボーのような高みやリルケのような深みに達すること、それは自分には無理だ、という自覚が早くもこの時期にやってきたのだと言う。

辻が再出発するのは1987年を待たねばならない。以来、意識的に詩的体験に没入してゆく可能性を探り始めると同時に、作品数も飛躍的に増加した。2000年(平成12年)1月14日、脊髄小脳変性症闘病中、千葉県船橋市の病院で死去[1]

作品[編集]

一般に彼の詩作品は、ライト・バースなどと呼び慣わされていて、軽い、つまりは厚味のない作品であるかのように見なされているが、実際にその作品を注意深く読むならば、重層的時空間が混沌として現前する、特異な体験を呼び起こすものであることが多い。特に『ボートを漕ぐおばさんの肖像』『河口眺望』(第四十四回芸術選奨文部大臣賞・第九回詩歌文学館賞)は重要な詩集であり、『俳諧辻詩集』(第十四回現代詩花椿賞・第四回萩原朔太郎賞)と『萌えいづる若葉に対峙して』の礎は、この二詩集において明確に準備されていた。

詩集に『かぜのひきかた』、『天使・蝶・白い雲などいくつかの瞑想』(第二十五回藤村記念歴程賞)、『ヴェルレーヌの余白に』(第二十一回高見順賞)など。

他に評論『ロビンソン、この詩は何?』、『かんたんな混沌」、小説『絵本摩天楼物語』、『ぼくたちの(俎板のような)拳銃』『ボートを漕ぐもう一人の婦人の肖像』 がある。

著作[編集]

  • 『学校の思い出』(1962/4) 思潮社
  • 『いまは吟遊詩人』(1970/11) 思潮社
  • 『隅田川まで』(1977/4) 思潮社
  • 『落日』(1979) 思潮社
  • 『かぜのひきかた』(1987/5) 書肆山田
  • 『天使・蝶・白い雲などいくつかの瞑想』(1987/5) 書肆山田
  • 『鶯─こどもとさむらいの16篇』(1990/5) 書肆山田
  • 『ヴェルレーヌの余白に』 (1990/10) 思潮社
  • 『かんたんな混沌』 (1991/10) 思潮社
  • 『ボートを漕ぐおばさんの肖像』 (1992/6) 書肆山田
  • 『河口眺望』 (1993/11) 書肆山田
  • 『絵本摩天楼物語』 (1995/6) 書肆山田
  • 『俳諧辻詩集』 (1996/06) 思潮社 ISBN 4783706131
  • 『辻征夫詩集成』 (2003/10) 書肆山田 (初版は1996年)
  • 『萌えいづる若葉に対峙して』(1998/06) 思潮社
  • 『続・辻征夫詩集 現代詩文庫』(1999/02) 思潮社
  • 『船出』 (1999/02) 童話屋
  • 『ぼくたちの(俎板のような)拳銃』(1999/08) 新潮社
  • 『貨物船句集』(2001/01) 書肆山田
  • 『ゴーシュの肖像』(2002/01) 書肆山田
  • 『詩の話をしよう」(2003/12) ミッドナイトプレス ISBN 4434037099
  • 『私の現代詩入門―むずかしくない詩の話』詩の森文庫 (104) (2004/12) 思潮社
  • 『みずはつめたい―辻征夫詩集 詩と歩こう』 (2004/07) 理論社

脚注[編集]

  1. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)154頁