東京都立墨田川高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京都立墨田川高等学校
Sumidagawa High School.JPG
過去の名称 東京府立第七中學校
東京都立第七中學校
東京都立第七新制高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都
校訓 知性・創造・自主
設立年月日 1921年
創立記念日 10月4日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 13184K
所在地 131-0032
東京都墨田区東向島3-34-14
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立墨田川高等学校(とうきょうとりつすみだがわこうとうがっこう)は、東京都墨田区東向島に所在する都立高等学校。学生や関係者からは七高・墨高(すみこう)の愛称で親しまれる。

概要[編集]

府立七中を前身とする都立校。新制高校移行後は、第六学区に属し、学校群制度では両国高校小松川高校と第61群を形成。グループ合同選抜制度では、61グループを形成した。単独選抜制度移行後、石原都政による都立高校改革により進学重視型単位制高校へ移行。現在は都から進学指導推進校に指定され、自校作成問題の導入、土曜授業復活、特進クラス設置、予備校衛星講座の開設、勉強合宿などが行われている。また、単位制に即した多様な選択科目がある。2006年度(平成18年度)新入生からは標準服が制服に変更された。2006年度(平成18年度)新入生からは標準服が制服に変更された。軽井沢に「七生寮」、千葉の館山に「楽水寮」を所有しており、学校行事などで利用されている。体育祭では「族」と呼ばれる1年生からのクラスのメンバーが3年間引き継がれ、クラスではなく族対抗で争う。この伝統は、戦後まもない頃に男女共学化を経て、自然発生的にできたものである。かつて墨田区堤通に第二次ベビーブーマー対策として新設された「墨田川高校堤校舎」が存在したが(1986年ー2003年)、進学重視型単位制高校への改組の際に本校と発展的統合をして閉校となった。

沿革[編集]

略歴[編集]

大正期に、東京の人口増加に伴い、当時の旧東京市内への中学増設が計画されていたが、地元府議会議員らの誘致活動により東京府南葛飾郡への中学設立が唱えられ、南葛飾郡寺島町への設立が決定した。四谷区内藤町に設立された府立六中(現:新宿高校)との同時開校であった。初代校長は沼津中学(現:静岡県立沼津東高校)校長であった砂崎徳三が任命され、教育方針、校外施設(軽井沢・沼津)の設置、校歌の制定、図書館の設置(のちの区立寺島図書館、現:区立ひきふね図書館)に尽力した。当時は学区もなく、浅草・下谷・日本橋・牛込方面等の隅田川以西地域や、千葉県・埼玉県からの越境入学者も多かった。開校10周年記念式典では、砂崎校長の東京高等師範付属中学校時代の教え子であった鳩山一郎文部大臣が祝辞を述べた。旧制第一高等学校をはじめとする旧制高等学校や海軍兵学校、陸軍士官学校などへの進学者を輩出する一方、中学を卒業して社会に出る者も少なくなく、極端なエリート教育ではなく、地域に根ざした教育が行われていた。文人墨客に愛された向島の地に設立されたことから、優秀な国語教師が多く在籍し、校歌も近隣に居住していた幸田露伴による作詞であるなどの影響も相まって、自由で文化的な校風が育まれた。

年表[編集]

校歌・校章[編集]

校歌[編集]

校歌の作詞は近隣に居を構えていた幸田露伴の筆による、「隅田の川は吾が師なり」の歌い出しで始まる漢語調の格式高いもので、大正14年に制定された。初代の砂崎校長が露伴宅にお三度参りをし、露伴がその熱意に心打たれて筆をとったと言われている。四編からなる歌詞は、できたものから娘の幸田文により学校に届けられ、4番の歌詞以外の順番の裁量は学校に委ねられた。直筆の歌詞は永らく所在が不明だったが、その一部が発見され、敷地内に4番の直筆の歌詞を彫った校歌碑が卒業生によって寄贈されている。また、作曲は「あかとんぼ」や「こいのぼり」で有名な童話作家である弘田龍太郎によるものであり、これも砂崎校長が軽井沢の七生寮の近くに自らの別荘を保有しており、その隣に別荘のあった弘田氏との縁による。戦後の男女共学化の折に、七中16期で新進気鋭のピアニストとして活躍していた梶原完より映画音楽などを多く手がけた作曲家の奥村一の手に渡り、混成四部合唱に編曲された。校歌は制定以来、歌詞一切を変えることなく今日に至るまで歌い継がれている。歌詞の最後のフレーズである「不断の努力学ばなん」の「学ばなん」とは、相手にあつらえを望む意をあらわす終助詞の「なむ」であるため、「学んでほしい」という露伴の学生への意志が込められている。かつての露伴の居宅は墨田区立露伴児童遊園としてその名を残している。

校章[編集]

校章は、墨堤の桜を表す桜の花弁に都立第七新制高等学校の「七高」の表記であり、校名変更後も変わらずに用いている(両国高校の校章にも「三高」の表記がある。)旧制七中の徽章は、後身たる高校と同様に桜花の中に七中と浮かしてあるが、花弁の縁を二重にして同時に種子を表し、上の一弁だけ一重で、種子から発芽する勢いを示していた。校名は、できるだけ地名にちなんだもので、七中の歴史を表現したものであることが条件ということで、校内関係者で協議をして決定した。校名の他の候補としては常用漢字の中から地域にちなんだ「墨田・言問・寺島・すみだがわ・七橋(当時、隅田川に架かっていた橋の数をかけたもの)」が挙がった。

部活動[編集]

  • 野球部は全国高等学校軟式野球大会・宮城国民体育大会の出場経験がある。
  • 水泳部の強豪校であり、2010年(平成22年)は沖縄インターハイに出場。女子総合は全国4位の好実績であった。他にボート部が東京アスリート育成推進校に指定され活発である。

交通[編集]

近隣には東京スカイツリー向島百花園などが位置している。

その他[編集]

定時制[編集]

1924年に私立東京七中夜学校として開校以来、東京府立七中夜間中学(1933年)、東京府立進思中学(1940年)、東京府立第七中学校第二部(1943年)、東京都立第七新制高等学校定時制夜間課程(1948年)、東京都立墨田川高等学校定時制課程(1950年)という変遷を経て、現在は東京都立浅草高等学校(2006年)へ統合されている。

寺島図書館[編集]

昭和4年に昭和天皇の即位を記念して、七中の図書館建設計画があったが、費用不足のため校友会と寺島町との共同事業として、隣接する小学校旧校舎を使って昭和5年に寺島町立図書館として開館した。設置は寺島町が行い、運営には府立七中校友会が当たるという役割分担のもと、図書館への改造は町が行い、建物内部の備品と閲覧図書は七中校友会が購入。館長と小使いの給与は町が負担し、司書は七中校友会が雇った。開設にあたっては、七中在校生の各家庭から3冊以上の寄贈があった。初代館長は七中の砂崎校長が就任。七中生が付属図書館のように利用していたが、地域住民向けに、七中教師による講演会が定期的に開かれていた。寺島町の東京市編入で、東京市立寺島図書館、また都制施行により東京都立寺島図書館となる。戦災による焼失で廃館の危機にあったが、地域の篤い要望により、都立日比谷図書館寺島分館として暫定的に存続させた後に、墨田区へ移管させるという特例措置を経て墨田区立寺島図書館となる。平成25年4月に京成曳舟駅周辺の再開発事業の一環として誕生した墨田区立ひきふね図書館として、区立あずま図書館とともに発展的統合を遂げたため、平成24年度末をもって閉館となった。現在も元の建物はそのまま残っているが、跡地の利用については未定である。

出身者[編集]

参考・関連図書[編集]

  • 『東京都立墨田川高等学校創立40・50・60周年記念誌』
  • 『創立70周年記念誌 古稀』
  • 『隅田の川は我が師なりー府立七中十九期生・卒業四十五周年記念文集ー』
  • 『墨堤春秋ー府立七中十九期生・卒業五十周年記念文集ー』
  • 『文集:東京府立第7中学校第20回生卒業45周年記念』
  • 『東京府立中学』(岡田孝一著)
  • 『寺島図書館の生い立ち』
  • 『寺島図書館 創立六十周年記念誌』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]