枝川公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

枝川 公一(えだかわ こういち、1940年11月12日 - 2014年8月15日)は、日本評論家ノンフィクション作家翻訳家

略歴[編集]

東京向島生まれ。東京外国語大学卒業。出版社(光文社)勤務を経てライターとして独立し、下町や酒場などを歩いて探訪するノンフィクション作品、アメリカやアジアの文化と社会のルポなどを発表した[1][2]

2014年8月15日、肺気腫のため東京都墨田区の病院で死去[3](死因は敗血症とも[1])。73歳没。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『USA・休養型社会への出発』誠文堂新光社,1972
  • 『なんとかしなくちゃ アメリカをゆるがす生き方革命』主婦と生活社,1973.21世紀ブックス
  • 『アメリカをゆるがす若者革命 こんな世の中だからときにはまじめに生き方について考えよう』主婦と生活社,1974.21世紀ブックス
  • 『アメリカ西海岸プレイ時刻表』二見書房,1979
  • 『サンフランシスコ旅の雑学ノート』ダイヤモンド社,1979 のち新潮文庫
  • 『都市の歩き方』北斗出版,1979
  • 『ニューヨークプレイ時刻表』二見書房,1980
  • 『人間と都市 ルポルタージュ 東京・大阪・大分-快適なシティ・ライフとは何か』サンケイ出版,1980
  • 『開けてみればアメリカン 手ざわりのアメリカ論』パシフィカ,1981 のち旺文社文庫
  • 『神戸・上野浅草・ニューヨーク ルポルタージュ 人間と都市part2』サンケイ出版,1981
  • 『ニューヨークの読み方』ごま書房,1981.ゴマブックス
  • 『プレイン・ハワイ』二見書房,1981
  • 『上海読本』西北社,1983
  • 『街は不思議である』PHP研究所,1983
  • 『英雄は帰ってきたか アメリカ人のヴェトナム戦争症候群』講談社,1985
  • 『アメリカ風俗マップ』1986.旺文社文庫
  • ジョン・レノンを探して 銀座の旅ノート』文芸春秋,1986 「今日も銀座へ行かなくちゃ」講談社文庫
  • 『ペーパーバック入門』1986.講談社現代新書
  • 『シンガポールの街頭理髪店』講談社,1988
  • 『都市の体温』井上書院,1988
  • 『ふりむけば下町があった』新潮社,1988
  • 『香港読本』西北社,1988
  • 『大統領はアメリカン 世界を動かす政治マシーン』集英社,1989
  • 『街を歩けば明日が見える 情報感度の高め方』ごま書房,1989.ゴマセレクト
  • 『東京読本』西北社,1991
  • 『アラバマ発・NY経由・ワイオミング行き On the road,USA』講談社,1992
  • 『売れる商い・儲かる商い ビジネス・チャンスをつかむ107のヒント』太陽企画出版,1992
  • 『東京暮らし覚え書き おとなのための都市論』はる書房,1992
  • 『現代アメリカ犯罪全書』光文社,1993
  • 『続・東京暮らし覚え書き (新東京とどう付き合うか)』はる書房,1993
  • 『東京はいつまで東京でいつづけるか』講談社,1993
  • 『大阪・大探検』潮出版社,1994
  • 『覚悟のパソコン!』講談社,1996
  • 『ニューヨーク世紀末 究極の人種都市はどこへゆくのか』光文社,1996
  • 『全地球食堂 <東京>エスニックガイド』夏目書房,1997
  • 『香港24時 混沌都市のしたたかな人々』マガジンハウス,1997
  • 『私家版アメリカ語感辞典 A book of American imagery』研究社出版,1998
  • 『東京のbar』プレジデント社,1998
  • 『街は国境を越える 東京在住外国人18の証言』都市出版,1998
  • 『E-メールのある暮らし E-mail diary』出窓社,1999
  • 『シリコン・ヴァレー物語 受けつがれる起業家精神』1999.中公新書
  • 『巨人ドラッカーの真髄 変貌する世界の明日を読む』太陽企画出版,2000 「これならわかる!ドラッカー思考』」PHP文庫
  • 『銀座四丁目交差点』二見書房,2000
  • 『東京下町とっておきの人びと』中央公論新社,2000
  • 『IT革命は幻想なんかじゃない』太陽企画出版,2001
  • 『日本マティーニ伝説 トップ・バーテンダー今井清の技』2001.小学館文庫
  • 『新・東京のbar』プレジデント社,2002
  • 『メールのためのe文章入門』朝日出版社,2002
  • 『多摩一日の行楽』萩原宏美写真.ネット武蔵野,2004
  • 『バーのある人生』2006.中公新書
  • 『ウェーヴ・ザ・フラッグ―東京発のアメリカ通信』大日本印刷ICC本部、2011
  • 『ぼくらの瀕死のデモクラシー』芸術新聞社、2012

共編著[編集]

  • 『地球を歩くガイドブック 日本脱出あなたの番』編.二見書房,1977
  • 『ニューヨーク 街を読む』平松由美共著.ワールドフォトプレス,1982.シティ・ウォーキング・ブック
  • 『アメリカ出来事ファイル』編著.冬樹社,1983
  • 『アメリカ情報コレクション』川本三郎常盤新平ら・共著 講談社現代新書 1984 … フューチャリストの項などを担当
  • 『9月11日・メディアが試された日 TV・新聞・インターネット』外岡秀俊,室謙二共編著 「本とコンピュータ」編集室 編.大日本印刷ICC本部 2002
  • 『戦時化する世界』編著.太陽企画出版,2003

訳書[編集]

  • ジーン・マリーン『ブラックパンサー』二見書房,1970
  • コリン・ヒギンズ『少年は虹を渡る ハロルドとモード』二見書房,1972
  • ジョン・B.シュワルツ『自転車に乗って』ティビーエス・ブリタニカ,1991
  • J.ベルンレフ『アウト・オブ・マインド』ディーエイチシー,1996

出典[編集]

  1. ^ a b 枝川公一氏死去(ノンフィクション作家) 時事ドットコム 2014年10月26日
  2. ^ 作家の枝川公一氏、敗血症で死去 著書「バーのある人生」など サンケイスポーツ 2014年10月26日
  3. ^ 「バーのある人生」作家の枝川公一さん死去 読売新聞 2014年10月25日

外部リンク[編集]