宮崎誉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 誉子(みやざき たかこ、1972年 - )は、日本の小説家

千葉県出身。1998年、「世界の終わり」で第3回リトルモア・ストリートノベル大賞を受賞し小説家デビュー。2004年、「POPザウルス(A面)」で第30回川端康成文学賞候補。2006年、『少女@ロボット』で第19回三島由紀夫賞候補、第28回野間文芸新人賞候補。

非正規社員やワーキングプアを扱った作品が多い。

作品リスト[編集]

単行本
  • 世界の終わり(2002年7月31日、リトルモアISBN 9784898150788
    世界の終わり、マンネリズム、スモーキン・ピンク、ライム☆スターを収録。
  • セーフサイダー(2004年9月16日、リトルモア、ISBN 9784898151358
    セーフサイダー(A面)、アウトライダー(B面)、耳説(RAINDROPS★Remix)、永遠の隙間、韻&音を収録。
  • 日々の泡(2005年9月30日、河出書房新社ISBN 9784309017327
    アルファベット・クッキー、POPザウルス(A面)、コーヒー・チェリー、ピンクパンサー、ビター・チョコレート(『文藝』2005年夏号)を収録。
  • 少女@ロボット(2006年2月25日、新潮社ISBN 9784103008514
    クローバー、秋彼岸、マウスピース、少女ロボット(A面)、カメレオン(B面)、子供だヨ!全員集合(『新潮』2005年3月号)、ロッカールーム、魚眼レンズ、プライドリルを収録。
  • 三日月(2007年10月10日、講談社ISBN 9784062139458
    脱ニート(『群像』2006年7月号)、チョコレート工場の娘(不登校篇)(『群像』2006年2月号)、三日月(『群像』2007年1月号)を収録。
  • 派遣ちゃん(2009年2月、新潮社ISBN 978-4-10-300852-1
単行本未収録
  • アイスクリーム(『群像』2005年8月号)
  • ガシャポン ガールズ篇(『群像』2005年10月号)
  • ミルフィーユ(『文藝』2006年春号)
  • 至極真剣(『文藝』2007年春号)
  • 蛇行(『群像』2007年4月号)
  • 欠落(『新潮』2007年9月号)
  • ペットボトル(『文藝』2007年冬号)
  • かわいい依存症(『文藝』2008年夏号)
  • 水田まりのわだかまり(『新潮』2017年6月号)