亀山郁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亀山 郁夫
(かめやま いくお)
誕生 (1949-02-10) 1949年2月10日(72歳)
栃木県
職業 ロシア文学者[1]翻訳家[1]作家
最終学歴 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学
ジャンル ロシア文学ロシア文化
主題 ドストエフスキー[1]マヤコフスキーショスタコーヴィチ
代表作 『破滅のマヤコフスキー』(1998年)
『磔のロシア』(2002年)
『謎とき「悪霊」』(2012年)
主な受賞歴 木村彰一賞(1998年)
大佛次郎賞(2002年)
毎日出版文化賞特別賞(2007年)
プーシキン・メダル(2008年)
読売文学賞研究・翻訳賞(2013年)
テンプレートを表示

亀山 郁夫(かめやま いくお、1949年2月10日 - )日本ロシア文学者名古屋外国語大学学長[1]東京外国語大学名誉教授。前東京外国語大学学長。日本藝術院会員。専門はロシア文化・ロシア文学。栃木県宇都宮市出身。

来歴[編集]

栃木県宇都宮市生まれ。宇都宮高校を経て、東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業、同大学大学院外国語学研究科修士課程修了、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。

  • 1977年 - 日本学術振興会奨励研究員。
  • 1978年 - 天理大学外国語学部助手、講師、助教授。
  • 1987年 - 同志社大学法学部助教授。
  • 1990年 - 東京外国語大学外国語学部助教授、教授。
  • 2005年 - 東京外国語大学附属図書館長。
  • 2007年 - 東京外国語大学学長。
  • 2013年 - 名古屋外国語大学学長に着任(現職)
  • 2017年4月1日、「日本ドストエフスキー協会」を設立し、初代会長に就任。[1]
  • 1984年、ソ連科学アカデミー世界文学研究所で在外研究(日本学術振興会派遣)
  • 1994~1995年、ロシア科学アカデミー世界文学研究所で在外研究(国際交流基金派遣)
  • 2008年11月4日、ロシア語・ロシア文化の普及に貢献した外国人に贈られるプーシキン・メダルをモスクワ・クレムリンにてメドベージェフ大統領より授与。

人物・受賞[編集]

ソ連時代の芸術や文化、特にドストエフスキーについて論評・訳書を多く著しており、1991年から2000年にかけ、NHKでテレビ『ロシア語会話』の講師を務めた。

退任後も、ハイビジョンスペシャル「知られざるロシア・アバンギャルドの遺産」、ハイビジョン特集「ロシア芸術 自由への道標」、『視点・論点』「ドストエフスキーと現代」、ETV特集「21世紀のドストエフスキー~テロの時代を読み解く~」「ロシア・歴史は繰り返すのか~亀山郁夫“帝国”を読み解く~」、NHK・Eテレ 100分de名著「罪と罰」「ドストエフスキー カラマーゾフの兄弟」、知るを楽しむ この人この世界「亀山郁夫 悲劇のロシア」、ザ・プロファイラー「~夢と野望の人生~2000万人を死に追いやった男 スターリン」、NHKラジオ カルチャーアワー 文学の世界 「新訳“カラマーゾフの兄弟”を読む」等に番組出演。

  • 2008年〜2016年 - 朝日賞選考委員。
  • 2016年 - ドゥマゴ文学賞選考委員。
  • 2017年 - 大伴家持文学賞選考委員。

受賞・受章

  • 1998年、木村彰一賞 (『破滅のマヤコフスキー』)
  • 2002年、第29回大佛次郎賞 (『磔のロシア スターリンと芸術家たち』)
  • 2007年、毎日出版文化賞特別賞 (翻訳ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』)
  • 2008年、ロシア・プーシキン賞 (翻訳ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』)
  • 2013年、読売文学賞研究・翻訳賞 (『謎とき「悪霊」』)、2012年度(第64回)
  • 2019年、日本藝術院会員[2]

著書[編集]

単著[編集]

編著、共著、共編[編集]

訳書・共訳[編集]

  • アントン・チェーホフ『短編集』(『キリスト教文学の世界』、第16巻所収、主婦の友社、1978年)
  • チンギス・アイトマートフ『チンギス・ハンの白い雲』 飯田規和共訳(潮出版社, 1991年)
  • アレクサンドル・ドーリン『約束の地の奴隷――終焉のソビエトから』(中央公論社, 1991年)
  • サイモン・カーリンスキー『知られざるマリーナ・ツヴェターエワ』(晶文社, 1992年)
  • コンスタンチン・ケドロフ『星の書物――東方的・詩的宇宙のヴィジョン』 渡辺雅司共訳(岩波書店, 1994年)
  • アンドレイ・プラトーノフ『土台穴』(国書刊行会, 1997年)
  • ユーリイ・ボーレフ『スターリンという神話』(岩波書店, 1997年)
  • ソフィヤ・ヘーントワ『驚くべきショスタコーヴィチ』(筑摩書房, 1997年)
  • スヴェトラーナ・セミョーノヴァ『フョードロフ伝』 安岡治子共訳(水声社, 1998年)
  • ウラジーミル・ソローキン『愛』(国書刊行会, 1999年)
  • ボリス・グロイス『全体芸術様式スターリン』 古賀義顕共訳(現代思潮新社, 2000年)
  • ジョン・アードイン『ゲルギエフとサンクトペテルブルグの奇蹟』(音楽之友社, 2006年)
  • フョードル・ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟』(全5巻、光文社古典新訳文庫[1], 2006-2007年[1])- ※最終巻はエピローグと作品論・解説
  • フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』(全3巻、光文社古典新訳文庫, 2008-2009年)
  • フョードル・ドストエフスキー『悪霊』(全3巻、光文社古典新訳文庫, 2010-2011年)
  • フョードル・ドストエフスキー『悪霊 別巻「スタヴローギンの告白」異稿』(光文社古典新訳文庫, 2012年)
  • フョードル・ドストエフスキー『新訳 地下室の記録』(集英社, 2013年)
  • フョードル・ドストエフスキー『白痴』(全4巻、光文社古典新訳文庫, 2015-2018年)
  • ソロモン・ヴォルコフ『ショスタコーヴィチとスターリン』 梅津紀雄、前田和泉他と共訳(慶應義塾大学出版会, 2018年)
  • アントン・チェーホフ他『悪魔にもらった眼鏡』 野谷文昭と共編訳(名古屋外国語大学出版会、2019年)
  • フョードル・ドストエフスキー『賭博者』(光文社古典新訳文庫, 2019年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ NHK教育テレビテキスト、2月-3月の月曜日「この人この世界」を担当。
  2. ^ NHKラジオテキスト、10月-12月の木曜日「文学の世界」を担当。
  3. ^ 教育テレビテキスト、12月を担当。なお2011年度より日本放送出版協会→NHK出版に社名変更。

出典[編集]

  1. 2019/11/30下野新聞
  1. ^ a b c d e f g 森若奈 (2017年5月20日). “日本ドストエフスキー協会 名外大学長ら立ち上げ”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 県内版 18 
  2. ^ 会員候補者略歴・賞歴等

外部リンク[編集]