亀山郁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
亀山 郁夫
(かめやま いくお)
誕生 (1949-02-10) 1949年2月10日(73歳)
栃木県
職業 ロシア文学者[1]翻訳家[1]作家
最終学歴 東京外国語大学外国語学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学
ジャンル ロシア文学ロシア文化
主題 ドストエフスキー[1]マヤコフスキーショスタコーヴィチ
代表作 『破滅のマヤコフスキー』(1998年)
『磔のロシア』(2002年)
『謎とき「悪霊」』(2012年)
主な受賞歴 木村彰一賞(1998年)
大佛次郎賞(2002年)
毎日出版文化賞特別賞(2007年)
プーシキン・メダル(2008年)
読売文学賞研究・翻訳賞(2013年)
テンプレートを表示

亀山 郁夫(かめやま いくお、1949年2月10日 - )日本ロシア文学者名古屋外国語大学学長[1]東京外国語大学名誉教授日本藝術院会員。専門はロシア文化・ロシア文学。栃木県宇都宮市出身。

来歴[編集]

出演・受賞[編集]

出演

  • ソ連時代の芸術や文化、特にドストエフスキーについて論評・訳書を多く著しており、1991年から2000年にかけ、NHKでテレビ『ロシア語会話』の講師を務めた。
  • 退任後も、ハイビジョンスペシャル「知られざるロシア・アバンギャルドの遺産」、ハイビジョン特集「ロシア芸術 自由への道標」、『視点・論点』「ドストエフスキーと現代」、ETV特集「21世紀のドストエフスキー~テロの時代を読み解く~」「ロシア・歴史は繰り返すのか~亀山郁夫“帝国”を読み解く~」、NHK・Eテレ 100分de名著「罪と罰」「ドストエフスキー カラマーゾフの兄弟」、知るを楽しむ この人この世界「亀山郁夫 悲劇のロシア」、ザ・プロファイラー「~夢と野望の人生~2000万人を死に追いやった男 スターリン」、NHKラジオ カルチャーアワー 文学の世界 「新訳“カラマーゾフの兄弟”を読む」、NHKカルチャーラジオ「ドストエフスキー 現代へのメッセージ」等に番組出演。
  • 2008年〜2016年 - 朝日賞選考委員。
  • 2016年 - ドゥマゴ文学賞選考委員。
  • 2017年 - 大伴家持文学賞選考委員。

受賞・受章

  • 1998年、木村彰一賞 (『破滅のマヤコフスキー』)
  • 2002年、第29回大佛次郎賞 (『磔のロシア スターリンと芸術家たち』)
  • 2007年、毎日出版文化賞特別賞 (翻訳ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』)
  • 2008年、「プーシキン・メダル」 (翻訳ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』)
  • 2013年、読売文学賞研究・翻訳賞 (『謎とき「悪霊」』)、2012年度(第64回)
  • 2019年、日本藝術院会員[2]
  • 2021年、「ドストエフスキーの星」勲章

著書[編集]

単著[編集]

放送テキスト[編集]

編著、共著、共編[編集]

訳書・共訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ NHK教育テレビテキスト、2月-3月の月曜日「この人この世界」を担当。
  2. ^ NHKラジオテキスト、10月-12月の木曜日「文学の世界」を担当。
  3. ^ 各・教育テレビテキスト、12月を担当。なお2011年度より日本放送出版協会→NHK出版に社名変更。

出典[編集]

  1. 2019/11/30下野新聞
  1. ^ a b c d e f g 森若奈 (2017年5月20日). “日本ドストエフスキー協会 名外大学長ら立ち上げ”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 県内版 18 
  2. ^ 会員候補者略歴・賞歴等

外部リンク[編集]