井口時男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井口 時男(いぐち ときお、1953年2月3日 - )は、日本文芸評論家

経歴[編集]

新潟県南魚沼市出身。長岡工業高等専門学校三年修了退学後、東北大学文学部卒業。1983年中上健次論「物語の身体」で群像新人文学賞評論部門受賞。1987年7月、最初の著作『物語論/破局論』を論創社から上梓。1990年永山則夫日本文芸家協会入会拒否事件で、柄谷行人らに続いて協会を退会。12月、東京工業大学助教授、のち教授1991年湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人中上健次津島佑子田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表する。1994年椎名麟三論「貧しさの臨界」などを収めた評論集『悪文の初志』で平林たい子文学賞受賞、1997年、『柳田國男と近代文学』で伊藤整文学賞受賞。2003年3月からの『新潮』の連載(『危機と闘争』)で、元東工大教授だった文芸評論家川嶋至の死を文藝雑誌が黙殺したと指摘した。2011年東工大を退職。

文芸評論家の池田雄一は東京工業大学社会理工学研究科価値システム専攻博士課程在学時に井口研究室に在籍。ただし井口本人の信条から「師弟関係」という表現は斥けている[1]

著書[編集]

  • 『物語論/破局論』(論創社、1987)
  • 『悪文の初志』(講談社、1993)-椎名麟三論など
  • 『柳田国男と近代文学』(講談社、1996)
  • 『批評の誕生/批評の死』(講談社、2001)
  • 『危機と闘争 大江健三郎と中上健次』(作品社、2004)
  • 『暴力的な現在』(作品社、2006)
  • 『少年殺人者考』(講談社、2011)
  • 『天來の獨樂』(第一句集、深夜叢書社、2015)
共著

脚注[編集]

  1. ^ 井口時男 (2012年6月2日). “Wikipedia訂正 : 文芸批評家・井口時男の方丈の一室”. ライブドアブログ. 2015年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]