服部文祥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

服部 文祥(はっとり ぶんしょう、旧姓・村田1969年 - )は、日本の登山家著述家神奈川県横浜市出身[1]1994年東京都立大学フランス文学科卒業[1]。山岳雑誌『岳人』の編集部員[1]

「山に対してフェアでありたい」という考えから、[要出典]「サバイバル登山」と自ら名付けた登山を実践する。サバイバル登山とは、食料を現地調達し、装備を極力廃したスタイルの登山を指している[2][3]

経歴[編集]

1969年横浜生まれ。1994年、東京都立大学フランス文学科とワンダーフォーゲル部卒。

大学時代からオールラウンドに登山をはじめ、1996年にカラコルムK2登頂、1997年の冬から黒部横断を行い、黒部別山や剱岳東面、薬師岳東面の初登攀など、国内外に複数の登山記録がある[1][3][注釈 1]

登山以外の活動では海外自転車旅行などを行っている。シルクロード陸路旅行(1992年)し、デリー - コモリン岬(インド、1994年)の自転車旅行、ハノイ - ホーチミン(ベトナム、1997年)、マダガスカル周遊(1998年)、南北アイルランド周遊。

1996年から山岳雑誌「岳人」編集部に参加。1999年から長期山行に装備と食料を極力もち込まず[注釈 2]、食料を現地調達するサバイバル登山を始め[1]、そのスタイルで南アルプス大井川~三峰川、八幡平・葛根田川~大深沢、白神山地、会津只見、下田川内、日高全山、北アルプス縦断、南アルプス縦断など日本のおもな山域を踏破。それらの記録と半生をまとめた山岳ノンフィクション『サバイバル登山家』を出版した[注釈 3]

フリークライミング沢登り山スキーアルパイン・クライミングなど登山全般を実践する一方、近年[いつ?]毛バリ釣り、魚突き、山菜キノコなど獲物系の野遊びの割合が増え、2005年からは狩猟もはじめる。

2010年、南アルプス聖沢の滝で20メートル滑落し、その模様がテレビ番組「情熱大陸」で放送された。2012年には趣味で行う中距離走全日本マスターズ陸上に参加し、40歳以上800メートル競走の部で優勝している(タイムは2分05秒09)。

2015年現在、山岳雑誌「岳人」誌上で自身の活動を報告する「今夜も焚き火をみつめながら」を連載中。ほかに「本の雑誌」や「Fielder」で連載を行っている。

主な登山歴[編集]

海外登山は、ウシュルバ(ロシア)・アシニボイン(カナダ)など、スキーツアーでは、カナディアン・ロッキー、オートルート(アルプス)、ヒマラヤ(インド)など。

受賞・候補歴[編集]

  • 2016年、『ツンドラ・サバイバル』で第5回梅棹忠夫・山と探検文学賞受賞
  • 2018年、『息子と狩猟に』で第31回三島由紀夫賞候補

著書[編集]

共著[編集]

編著[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この時のK2隊はいくつかの大学の山岳部で編成され、当時立正大学山岳部に所属していた竹内洋岳も参加している。
  2. ^ 通常米と出汁に使う岩魚の干物のみ使用[4]
  3. ^ 1999年、南アルプス大井川三峰川源流を遡行した時に、現地調達の山行を企画したことが、後の一連の「サバイバル登山」の始まりとなる。サバイバル登山の技術や知識を駆使して日高山脈全山無積雪期縦断に初めて成功した(2003年)。単独無補給で行われたその山行は、『サバイバル登山家』で報告されている。
  4. ^ 4人のパーティで、2000年12月28日に長野県大町市の七倉山荘から入山し、ブナ立尾根を登った。裏銀座を歩き赤牛岳から黒部川に降り渡渉し、北薬師岳東稜を登攀して2001年1月6日に薬師岳登頂した。1月7日に寺地山を経て、岐阜県飛騨市側へ下山した。著書『サバイバル登山』でその山行記録を記載。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 服部文祥 『ツンドラ・サバイバル』 みすず書房、2015年6月 p.274
  2. ^ 服部文祥 『サバイバル登山入門』 デコ、2014年12月、8-10頁。
  3. ^ a b 服部文祥 『息子と狩猟に』 新潮社、2017年6月、著者紹介。ISBN 978-4-10-351021-5
  4. ^ 「Number Do」2012年夏号。
  5. ^ 服部文祥(登山家): 過去の放送 - 2011年1月15日閲覧。
  6. ^ 週刊ブックレビュー 【BS2】 2010年8月21日(土)の放送内容 - 2011年1月15日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]