ゆずチリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆずチリ
生誕 福島県郡山市[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2013年 -[2]
ジャンル 学園漫画、青春漫画
代表作 『忍者シノブさんの純情』
『漫画学科のない大学』
『ふたり生徒会』(漫画原作)
『姫乃ちゃんに恋はまだ早い』
受賞 小学館ゲッサン編集部 新人賞 準グランプリ(2013年1月)
小学館新人コミック大賞入選(2013年6月)
pixiv月例賞(2018年5月)
公式サイト チリチリプロダクション
テンプレートを表示

ゆずチリ5月10日[2] - )は、日本漫画家福島県郡山市出身[1]。血液型はAB型[2]。主に少年向け・青年向け漫画雑誌に、学園漫画や青春漫画を多く描いている[1]。ペンネームの由来は、中学時代にアーティストゆずエビチリが好きだったことによる[3]

経歴[編集]

郡山市立富田中学校在学当時に、友人の描いた漫画を見て、漫画を描くことに興味を抱いた[4]。さらに漫画家のあだち充に大きな影響を受け、あだちに憧れて漫画家を志した。本などを参考に独学で漫画を勉強し、毎日1枚は必ず絵を描くなど、努力を続けた[1]

福島県立安積高等学校で担任の勧めもあり、東京大学を受験、合格。上京後、東大での勉強と両立しながらの努力の末に、約1年がかりで描いた作品が、小学館の雑誌「ゲッサン」(月刊少年サンデー)編集部主催の新人賞で選外佳作に選ばれた[1]2013年平成25年)1月に同新人賞で準グランプリを受賞、同年6月に小学館新人コミック大賞に入選[1][2]。10月発売のゲッサン11月号別冊付録の「ゲッサンmini」に読み切り作品『妹観察日記』が掲載され、漫画家としてデビューを果たした[1][2]。翌2014年(平成26年)1月の「ゲッサンmini」で第2作『私を姫と呼ばないで』が掲載された際には表紙も担当し、「才能ほとばしる情熱ルーキー」として紹介された[1]

同2014年末には初の連載作品として[5]、女子高生を主人公としたラブコメ漫画『忍者シノブさんの純情』の連載を、「ゲッサン」12月号から開始した[1][6]2018年(平成30年)にはpixivに投稿した3ページのショート漫画『幼なじみとカップル割引[7]』がPixivの月例賞を受賞し、「わかりやすく決めゴマがしっかり印象に残る、ショートのお手本のような作品[8]」と評された[9]。2018年8月発表の『姫乃ちゃんに恋はまだ早い』は、当初は短期集中連載の予定であったが[10]、同2018年10月より本格連載が開始された[11]。他にも学園漫画や青春漫画を多く描くが、本人は「ジャンルに拘らない」と述べている[1]

作品リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「現役東大生「漫画家」長期連載の夢つかむ 家族に支えられ…月刊少年サンデー12月号開始」『福島民報』福島民報社、2014年8月17日、5面。
  2. ^ a b c d e f 忍者シノブさんの純情”. ゲッサン. 小学館 (2018年). 2018年7月25日閲覧。
  3. ^ ゆずチリオフィシャルブログ「ブログ開設しました」より(2018年7月25日閲覧)
  4. ^ 田舎はるみ (2008年10月23日). “【インタビュー】元・東大生のゲーム大好き漫画家・ゆずチリ先生に漫画(とゲーム)に対する思いを存分に語っていただきました!”. 漫画情報を発信するマガジン "Comee mag.". PLAN-B. p. 1. 2019年6月16日閲覧。
  5. ^ a b ゆずチリ『忍者シノブさんの純情』5、小学館〈ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル〉、2017年6月17日、199-200頁。ISBN 978-4-09-127630-8
  6. ^ a b 現役東大生、進級を懸けてマンガ連載! ゲッサンで学園ラブコメ開幕」『コミックナタリーナターシャ、2014年11月12日。2018年7月25日閲覧。
  7. ^ ゆずチリ (2018年5月24日). “3ページ漫画『幼なじみとカップル割引”. pixiv. ピクシブ. 2018年7月25日閲覧。
  8. ^ pixiv 2018より引用。
  9. ^ 2018年5月投稿分 月例賞結果発表”. pixiv (2018年). 2018年7月25日閲覧。
  10. ^ a b 責任とってって罰金のこと!? 小4男子におませな恋心が伝わらないWeb新連載」『コミックナタリー』、2018年8月17日。2020年8月26日閲覧。
  11. ^ ゆずチリによる2018年10月26日のツイート2020年8月27日閲覧。
  12. ^ かとそんによる2015年11月5日のツイート2018年7月25日閲覧。
  13. ^ かとそんによる2019年4月30日のツイート2019年6月16日閲覧。
  14. ^ 漫画学科のない大学”. サンデーうぇぶり. 小学館 (2017年). 2018年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
  15. ^ きみとピコピコ : ギャルとオタクがレトロゲーム「マガポケ」新連載ラブコメ」『まんたんウェブMANTAN、2021年3月28日。2021年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]