コマツシンヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コマツ シンヤ(本名:小松真也、1982年4月14日[1] - )は、日本漫画家絵本作家イラストレーター高知県出身(高知市に生まれ[1]吾川郡伊野町で育つ[2])。国際デザインカレッジマンガ科卒業。アックスマンガ新人賞における受賞作を表題作とする作品集『睡沌気候』(青林工藝舎)や、ウェブコミック配信サイト『ぽこぽこ』において連載された『8月のソーダ水』、『月刊コミック@バンチ』に連載された『つるまき町 夏時間』、『PHPスペシャル』において連載中の『午后のあくび』などの漫画作品のほか、絵本『ミライノイチニチ』(あかね書房)などでも知られている。

経歴[編集]

小学2年生のころから漫画を描いており、中学校時代から『高知新聞』のコーナー「高新まんが道場」に投稿していたという[3]。高校在学中には、第10回黒潮マンガ大賞(1998年)において「ゴミ箱計画」が入選し[4]、翌年の黒潮マンガ大賞では「神さまの落とし物」が入選している[5]高知西高校を卒業後、2003年に国際デザインカレッジ(現在の国際デザイン・ビューティカレッジ)を卒業[6]。在学中の2001年には、第13回黒潮マンガ大賞において「ヤマンボウ」がストーリー部門大賞を受賞。「独特のほのぼのとした絵柄」を描く高新まんが道場の常連と紹介されており、受賞作は「読者を最後まで虚構の世界に引き込んでくれる」作品で「自分の絵」が描けていると審査員に評された[3]。そして2004年の第6回アックスマンガ新人賞において、『アックス』にデビュー作として掲載された『睡沌気候』が本秀康個人賞を受賞[7]2011年青林工藝舎から作品集が刊行され、『アックス』第82号(ISBN 978-4-88379-346-4)において特集が組まれた[8]

2015年に刊行された「いの町公式観光ガイドブック」では、表紙にコマツのイラストが採用され、短編漫画「ふわふわ」が掲載されている[2]。また同年には、『月刊コミック@バンチ』に連載されていた『つるまき町 夏時間』の単行本刊行を記念して、個展「夏の博物誌」が大阪市において開催された[9]。第19回文化庁メディア芸術祭では、マンガ部門において審査委員会推薦作品に選ばれている[10]2017年には、東京都港区において個展「睡沌紀行」が開催された[11]。そして2019年には、コマツが装画と挿画を手掛けた児童小説『セミクジラのぬけがら』(如月かずさ著、偕成社)刊行を記念して、個展「MICRO COSMOS COLLECTION」が港区にて開催されている[12]

作品[編集]

漫画作品[編集]

刊行(ISBN 978-4-8340-8463-4)。

  • 『デタラメ研究所』 - 福音館書店より『たくさんのふしぎ』2018年8月号として刊行。文は小波秀雄が担当。

絵本[編集]

イラスト[編集]

装画[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b コマツシンヤ 横山隆一記念まんが館
  2. ^ a b 高知県いの町公式観光ガイドブック いの町観光協会
  3. ^ a b 「第13回黒潮マンガ大賞 大賞受賞者の横顔 コマ部門 木下義信さん/ストーリー部門 小松真也さん」『高知新聞』2001年6月1日付朝刊、28面。
  4. ^ 「第10回黒潮マンガ大賞(上)」『高知新聞』1998年8月3日付朝刊、9面。
  5. ^ 「第11回黒潮マンガ大賞 大賞受賞者の横顔」『高知新聞』1999年8月1日付朝刊、30面。
  6. ^ コマツ シンヤ さん 国際デザイン・ビューティカレッジ
  7. ^ コマツシンヤの掲載情報 青林工藝舎
  8. ^ 本秀康さん、コマツシンヤさん来社&明日はうちわ即売会! 青林工藝舎編集部だより 2011年7月15日
  9. ^ コマツシンヤ個展 夏の博物誌特設ページ
  10. ^ 文化庁メディア芸術祭マンガ部門 審査委員会推薦作品 つるまき町夏時間 文化庁
  11. ^ コマツシンヤ個展「睡沌紀行」 青林工藝舎イベント情報 2017年5月9日
  12. ^ 『ミッチの道ばたコレクション セミクジラのぬけがら』刊行記念 コマツシンヤ個展 MICRO COSMOS COLLECTION 偕成社
  13. ^ 8月のソーダ水 コマツシンヤ Ohta Web Comic
  14. ^ 午后のあくび 亜紀書房
  15. ^ 想像膨らむ未来の世界 絵本『ミライノイチニチ』コマツさん(いの町)刊行」『高知新聞』2019年11月12日付朝刊、12面。

外部リンク[編集]