私でない私

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
私でない私
Mirror Image
著者 サンドラ・ブラウン
訳者 長岡沙里
発行日 1994年2月
発行元 新潮社
ジャンル 長編小説
ラブサスペンス小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 685
コード ISBN 978-4-10-242501-5
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
コピーフェイス―消された私―
Mirror Image
著者 サンドラ・ブラウン
訳者 長岡沙里
発行日 2016年11月1日
発行元 新潮社
ジャンル 長編小説
ラブサスペンス小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 792
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-242526-8
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

私でない私』(わたしでないわたし、原題:Mirror Image)は、サンドラ・ブラウンによる長編ラブサスペンス小説。1990年6月1日Grand Central Publishing英語: Grand Central Publishing)より刊行、日本では長岡沙里翻訳により1994年2月に新潮文庫より刊行された。

2016年11月にはNHK大阪放送局制作により『コピーフェイス〜消された私〜』(コピーフェイス〜けされたわたし〜)と題して日本を舞台にテレビドラマ化。あわせて『コピーフェイス―消された私―』へと改題し改版、同年11月1日新潮文庫より刊行されている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

コピーフェイス
〜消された私〜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜22:00 - 22:49(49分)
放送期間 2016年11月18日 - 12月23日(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK大阪放送局
製作総指揮 真鍋斎
演出 佐々木善春
原作 サンドラ・ブラウン
『コピーフェイス―消された私―』
脚本 篠﨑絵里子
出演者 栗山千明
佐藤隆太
玉置玲央
芦名星
前田亜季
鶴見辰吾
田島令子
寺田農
エンディング 加藤ミリヤ「最高なしあわせ
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

コピーフェイス〜消された私〜』(コピーフェイス〜けされたわたし〜)と題して、NHK大阪放送局制作によりNHK総合ドラマ10」にて2016年11月18日から12月23日まで放送された。全6回[1]

キャスト[編集]

広沢 和花(ひろさわ のどか)〈35〉
演 - 栗山千明 / 西原亜希
フリーランスの雑誌記者。
朝倉 柊二(あさくら しゅうじ)〈36〉
演 - 佐藤隆太
「朝倉クリニック」の理事長。
朝倉 芙有子(あさくら ふゆこ)〈36〉
演 - 栗山千明
柊二の妻。夫の弟・洋人と実は不倫関係。
朝倉 洋人(あさくら ひろと)〈33〉
演 - 玉置玲央
柊二の弟。「朝倉クリニック」の院長。実は兄の妻・芙有子と不倫関係。
朝倉 弘明(あさくら ひろあき)〈71〉
演 - 寺田農
洋人・柊二の父。「朝倉クリニック」の元理事長・医院長。
朝倉 佐枝子(あさくら さえこ)〈68〉
演 - 田島令子
柊二・洋人の母。
三島 奈那子(みしま ななこ)〈30〉
演 - 芦名星
「朝倉クリニック」の看護師長。
橘 慎一(たちばな しんいち)〈48〉
演 - 鶴見辰吾
月刊誌『リアル・トゥデイ』の編集長。
森山 ちひろ(もりやま ちひろ)〈35〉
演 - 前田亜季
和花の親友。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル
第1回 11月18日 失われた記憶
第2回 11月25日 私を捨てた日
第3回 12月02日 二人の距離
第4回 12月09日 許されぬ裏切り
第5回 12月16日 暴かれた正体
最終回 12月23日 真実の行方

関連商品[編集]

サウンドトラック
  • 窪田ミナ『NHK WORKS』(2017年1月25日、スザクミュージック、NGCS-1072)[注 1]
NHK ドラマ10
前番組 番組名 次番組
運命に、似た恋
(2016年9月23日 - 2016年11月11日)
コピーフェイス
〜消された私〜
(2016年11月18日 - 12月23日)
お母さん、
娘をやめていいですか?

(2017年1月13日 - 3月3日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ドラマ10「コピーフェイス〜消された私〜」制作開始”. NHK大阪放送局ブログ. NHK大阪放送局 (2016年9月30日). 2017年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]