ドラマ8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドラマ8(ドラマエイト)は、 2008年4月3日から2010年2月11日まで、毎週木曜20時から20時45分にNHK総合テレビジョンで放送されていたテレビドラマ枠である。ハイビジョン制作

概要[編集]

  • NHK総合テレビでは2007年度までこの枠は、娯楽性の強い『木曜時代劇[1]を放送してきたが、視聴率の全体的な低迷などから、これを2008年度から土曜日19時半から20時の30分枠に移動させて『土曜時代劇[1]として放送することになり、空いた同枠に45分のシリーズドラマ(作品により半~1クール=6~10回程度)を送ることになった。主として10代の若者を主な視聴対象とした「青春エンターテインメントドラマ」として、特に同年代に親しまれる作品にスポットを当てた作品を放送する(同様企画としてNHKは2000年3月〜2002年3月の2年間にわたり『ドラマDモード』を放映していた実績がある)。
  • 視聴率は「バッテリー」から一桁続きで6~8%台で苦戦し、2008年10月に『チャンピオンズ〜達人のワザが世界を救う〜』(テレビ東京系)がスタートし5%台に低下、2009年4月以降に3~4%台と更に低下、時代劇であったときに比べると大きく下げている。しかし、ターゲットとしている若年層は取り込んでいるなど一定の成果は出ているとのことである(『日経エンタテインメント』2008年8月号)。視聴率向上との関係もあってか、放映期間中にそれまでの回の再放送が集中的に行われることもある。
  • なお、連続テレビ小説大河ドラマではNHK各放送局による自主制作がほとんどであるのに対し、当ドラマ枠では全作品とも、NHK関連法人のNHKエンタープライズや、外部の番組制作会社との共同制作をとる作品(俗にいう「外注」)であり、地方局を含め、NHK自社が完全製作した作品は一本もなかった。詳細は作品一覧を参照。また、2009年夏にはイギリスで制作された「プライミーバル」の第2章を放送している。

放送日時[編集]

  • 原則として毎週木曜日
    • 総合テレビ20時から20時45分
    • ハイビジョン先行18時から18時45分(NHKプロ野球がある場合は1時間繰り上げ、17時からの放送となる)
  • デジタル放送のみ解説放送(副音声 ステレオ2)がある。アナログ総合はステレオ放送だけ
  • NHKワールド・プレミアムでも放送(木曜日22時から22時45分)

作品[編集]

特記なしはNHKエンタープライズ製作の作品(NHK自社製作のものは一本もなかった)。

2008年
2009年
2010年

脚注[編集]

  1. ^ a b 一旦地上波の娯楽時代劇は総合系チャンネル(総合テレビ・BS2BSプレミアム)の番組編成整理の都合でいったん2010年度で終了するが、ドラマの再強化のため2012年度後期よりゾーン名なしで再開、2013年9月に「木曜時代劇」のゾーンを再度定めている

関連番組[編集]

関連項目[編集]

  • ワンセグ2(教育テレビのワンセグ独自番組で、木曜日に「ドラマ8芸能社」を放送。)

外部リンク[編集]

NHK総合 木曜20時台
前番組 番組名 次番組
ドラマ8