結婚したい女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
結婚したい女
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1981年2月18日〜1981年3月25日(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
演出 信濃正兄
脚本 北村篤子
プロデューサー 相澤英也、上条孝美
出演者 三田佳子中村敦夫柳生博 ほか
テンプレートを表示

結婚したい女』(けっこんしたいおんな)は、毎日放送の制作によりTBS系列で、1981年昭和56年)2月18日から1981年3月25日まで放送されたテレビドラマ。放送時間は、毎週水曜日22:00 - 22:54。全6話。

概要・内容[編集]

熊本で温泉旅館の仲居をしていた春江は、お人好しでだまされやすい性格で、これまでに男性と付き合う度に相手を信じ、そして何度もだまされてきていた。ある時、中年男・千石英夫が春江の前に現れ、千石は友人のクレジットサービス社長・柳下良を名乗り、身の上話をしたうえで春江の同情をもらい、そして一夜を共にする。「結婚するまでは、もうだまされない。これが最後のチャンス」と思うあまり春江は、自分はだまされているとも知らず上京、離婚して独り身の柳下のもとに押し掛けた[1]。エリート実業家・柳下との愛の物語を、メルヘンチックにコメディ的な作風で描いた[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:相澤英也、上条孝美
  • 原作:北村篤子
  • 脚本:北村篤子(全話担当)
  • 演出:信濃正兄(全話担当)
  • 制作:松竹、毎日放送

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:週刊TVガイド毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(それぞれ1981年2月〜1981年3月)
  2. ^ 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)
毎日放送制作・TBS系列 水曜22時枠
前番組 番組名 次番組
結婚したい女