駒井蓮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こまい れん
駒井 蓮
生年月日 (2000-12-02) 2000年12月2日(19歳)
出身地 日本の旗 日本 青森県平川市
身長 165 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 女優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2014年 -
事務所 ボックスコーポレーション
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

駒井 蓮(こまい れん、2000年12月2日[1] - )は、日本女優青森県平川市出身[3]ボックスコーポレーション所属[1]

略歴・人物[編集]

弘前大学教育学部附属中学校[4]1年次の春休みに家族旅行で東京を訪れた際、原宿竹下通りで芸能事務所ボックスコーポレーションにスカウトされたことをきっかけに活動を開始する[5]

勉強は学年でトップクラスだったといい[6]、2019年4月に慶應義塾大学文学部に進学した[5]

趣味はを描くこと・ピアノ・読書・映画鑑賞[1]。特技はダブルダッチ習字。『先に生まれただけの僕』の第5回では、ドラマ中で書道パフォーマンスを実演して見せた[7]

4姉妹で双子の妹がいる[8][9]。「蓮」の名前は蓮(ハス)のように「見えないところで根っこと根っこ、人と人とをつなぐ存在であってほしい」という両親の願いが込められている[10]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビその他[編集]

  • テストの花道 ニューベンゼミ(2017年4月 - 2018年3月、NHK Eテレ
  • NHK高校講座 国語表現(2018年4月 - 、NHK Eテレ)
  • 痛快TV スカッとジャパン(フジテレビ)
    • 胸キュンスカッと ボールも気持ちもキャッチして…(2016年11月28日)
    • 胸キュンスカッと 恋するプールサイド(2017年8月7日) - 田中愛 役
    • ウラオモテが激しい保育士(2018年1月22日) - 柴田華 役
    • 胸キュンスカッと 恋と青春の全力レシーブ(2018年6月11日) - 吉田ゆい 役
    • 《神店員スカッと②》「目当てのTシャツが売り切れで…」(2018年11月19日)
    • ファミリースカッと おじいちゃんのお小遣い(2019年8月12日)
    • ①《スカッとばあちゃん》「新人イビリでストレス発散する女をとんちで成敗!」(2019年9月30日)
    • 《家族のトラブルを解決スカッと》「SNSでグチる厄介パパが大反省」(2020年3月16日) - 角田美波 役

舞台[編集]

CM[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

  • 音楽(2020年1月11日、ロックンロール・マウンテン) - ヒロイン・亜矢 役[21]

配信ドラマ[編集]

  • ヨコハマタイヤ オリジナルショートムービー 雨の出会い坂 第2話「約束」(2017年3月10日 - 、ヨコハマタイヤ
  • ネスレシアター 「わかれうた」(2017年6月7日 - ) - 倉田亜希(高校生) 役[22]
  • TOKYO COIN LAUNDRY(2019年1月11日 - 2月8日、GYAO!) - 岩崎修子 役

広告[編集]

MV[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 役名は公式サイトより引用。
  2. ^ 津田寛治とのダブル主演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 駒井蓮”. ボックスコーポレーション. 2018年8月22日閲覧。
  2. ^ PICK UP ACTRESS 駒井蓮”. HUSTLE PRESS (2016年 11月 29日). 2018年2月5日閲覧。
  3. ^ 平川市出身の女優・駒井蓮さん PRポスター制作に係る市長表敬訪問”. 青森県平川市. 2020年9月8日閲覧。
  4. ^ 弘前市東京事務所【首都圏の弘前人】”. Facebook (2017年11月6日). 2020年9月6日閲覧。 “駒井蓮さん(弘前大学附属中学校卒)が『週刊ビッグコミックスピリッツ』の表紙&グラビアに初登場!”
  5. ^ a b 慶大入学をメディア初公表 文学部1年 モデル・女優 駒井蓮さん”. 慶應塾生新聞 (2019年6月13日). 2019年6月16日閲覧。
  6. ^ “注目の新進女優は大学目指し勉強中、新作映画が東京で30日から公開”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年6月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180617/geo18061712000010-n1.html 2018年6月17日閲覧。 
  7. ^ 第5話、書道パフォーマンスを演じたのは誰?”. ぶーむ (2017年11月12日). 2017年11月14日閲覧。
  8. ^ 駒井蓮『今日、この頃。』”. 駒井蓮オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2020年9月7日閲覧。
  9. ^ 青森の“ごく普通の中学生”が東京で女優に | 宣伝会議 2015年10月号”. 宣伝会議. 2020年9月7日閲覧。
  10. ^ 「名前」駒井蓮インタビュー”. 映画ナタリー (2018年7月18日). 2018年7月21日閲覧。
  11. ^ 櫻井翔主演ドラマ『先に生まれただけの僕』で注目集める次世代ヒロイン候補・駒井蓮に迫る”. タレントパワーランキング. 株式会社アーキテクト (2017年11月7日). 2017年12月31日閲覧。
  12. ^ “「ドラマ甲子園」大賞作『受験ゾンビ』玉城ティナ主演で10・20放送!共演に坂東龍汰、堀田真由、望月歩ら”. TV LIFE (学研プラス). (2019年8月7日). https://www.tvlife.jp/entame/235835 2020年5月10日閲覧。 
  13. ^ “平成28年度自衛官募集CM2作品が完成 池田純矢主演「それぞれの選択 - 俺 -」篇 駒井蓮主演「それぞれの選択 - 私 -」篇 8月1日(月)よりオンエア開始” (プレスリリース), 防衛省 陸上幕僚監部 人事部 募集・援護課, (2016年7月28日), https://www.atpress.ne.jp/news/108584 2017年6月18日閲覧。 
  14. ^ “綾瀬はるかの入浴シーンも パナソニック新キャンペーンムービーを公開”. エンタメOVO (共同通信社). (2017年6月15日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1113326 2017年6月18日閲覧。 
  15. ^ “冬ソナ監督の映画処女作「心に吹く風」、眞島秀和がピアノ弾く姿など新写真6枚公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年5月16日). http://natalie.mu/eiga/news/232557 2017年6月18日閲覧。 
  16. ^ キモチラボの解法”. 映画『CINEMA FIGHTERS / シネマファイターズ』公式. 2018年2月5日閲覧。
  17. ^ “直木賞作家・道尾秀介原案「名前」を津田寛治・駒井蓮ダブル主演で映画化”. 映画.com. (2016年6月14日). http://eiga.com/news/20160614/6/ 2016年6月14日閲覧。 
  18. ^ “津田寛治と駒井蓮がW主演、直木賞作家・道尾秀介原案の「名前」公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月6日). http://natalie.mu/eiga/news/255519 2017年11月6日閲覧。 
  19. ^ “河瀬直美監督の新作『朝が来る』キャストに永作博美、井浦新、蒔田彩珠ら”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2019年11月22日). https://www.cinra.net/news/20191122-asagakuru 2020年5月10日閲覧。 
  20. ^ “横浜聡子監督で越谷オサム『いとみち』映画化決定 ヒロイン役に駒井蓮、父親役に豊川悦司”. リアルサウンド 映画部 (株式会社blueprint). (2020年8月11日). https://realsound.jp/movie/2020/08/post-599118_1.html 2020年8月11日閲覧。 
  21. ^ “坂本慎太郎がアニメ映画「音楽」で声優に!駒井蓮、前野朋哉、竹中直人らも参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年8月28日). https://natalie.mu/eiga/news/345365 2020年5月10日閲覧。 
  22. ^ 黒木瞳 監督作品「わかれうた」”. ネスレアミューズ. 2017年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月5日閲覧。
  23. ^ ハイレゾ × 駒井 蓮 インタビュー|ミニコンポ/スピーカーシステム”. Panasonic. 2016年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]