国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉
ジャンル トーク番組 / バラエティ番組
演出 堀池勝法
出演者 国分太一TOKIO
美輪明宏
江原啓之
製作
プロデューサー 岩立良作、坂井宏爾
畔柳吉彦(CP)
藤井智久(GP)
青山幸光(EP)
制作 テレビ朝日
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
国分太一・美輪明宏のオーラの泉
放送期間2005年4月5日 - 9月27日
放送時間火曜日 0:46 - 1:16(月曜深夜)
放送枠ネオバラエティ第3部
放送分30分
国分太一&美輪明宏&江原啓之のオーラの泉
放送期間2005年10月19日 - 2007年3月28日
放送時間水曜日 23:15 - 翌0:10
放送枠ネオバラエティ
放送分55分
国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉
放送期間2007年4月21日 - 2009年3月14日
放送時間土曜19:57 - 20:54
放送分57分

特記事項:
ナレーション:矢島正明大場真人
テンプレートを表示

国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』(こくぶんたいち・みわあきひろ・えはらひろゆきのオーラのいずみ)は、テレビ朝日で放送していたトーク番組2005年4月5日(4日深夜)に放送開始されたが、2009年3月14日にレギュラー放送終了。同年4月からは『サタスペ!』で月1回放送されていたものの、同年9月19日には月1回の放送を含めた全放送が終了した。通称『オーラの泉』。00年代後半に起こったスピリチュアルブームの火付け役となった番組である。

概要[編集]

ゲストを迎え、国分が進行役に、ゲストの「オーラ」や「前世」、「守護霊」などを江原が霊視し、美輪とともにアドバイスをするという形式でゲストの素顔や半生に迫る。番組内容の紹介として「オーラの泉は心豊かに生きるヒントを提案するスピリチュアルトーク番組です」とのテロップが番組冒頭に表示される。

  • 番組では4つの椅子が用意され、向かって左からゲスト、国分、美輪、江原の順に座る。ゲスト席については多くの者が非常に緊張すると述べていた。スペシャルの場合などはこの通りとは限らないが、番組の冒頭でスピリチュアルチェックと呼ばれるいくつかの質問にゲストが一人で答えた後、まずはその回答について国分がゲストに尋ね、江原や美輪がコメントする。続いて、「オーラのカルテ」と題するコーナーで、江原が中心になってゲストのオーラの色、前世、守護霊について語ってゆき、美輪がそれを復唱する、という進行がほぼ守られていた。

出演者[編集]

番組の歴史[編集]

当初は番組の終盤にゲストのオーラの色、前世、守護霊などを記した「オーラのカルテ」というコーナーがあったが、2006年10月18日 の第71回放送(ゲストは青木さやか)からは江原がゲストに守護霊からのメッセージを紹介する「スピリチュアルメッセージ」というコーナーに変わった。

2005年2月12日に『ドスペ2』枠でパイロット版を放送。

深夜枠でレギュラー番組に[編集]

同年4月からレギュラー番組として火曜0:46 - 1:16(月曜深夜、『ネオバラエティ第3部』月曜版)で放送を開始。この当時の正式タイトルは『国分太一・美輪明宏のオーラの泉』で江原の名前は入っていなかった。

放送が昇格・拡大される[編集]

好評を受けて2005年10月19日から毎週水曜日23:15 - 翌0:10(『ネオバラエティ』水曜版)に昇格・拡大し、番組名を『国分太一&美輪明宏&江原啓之のオーラの泉』と改題した。

  • 2006年の平均視聴率は12.4%であった。この時間帯としては比較的高視聴率で推移していた。またこの番組はこれまでのネオバラエティとしては珍しく、若年層よりも主婦層の支持が多いのも特徴であった。
  • 2007年1月17日に視聴率15.9%を記録、番組が始まって以来初の視聴率15%越えとなった。

ゴールデンタイムに進出[編集]

前述のように、視聴率が良いこともあり、2007年4月21日からは毎週土曜日19:57 - 20:54(土曜20時台)に昇格した。

  • 移動当初の視聴率は12%前後であった。2007年10月以降は移動当初の視聴率に戻って推移している。12月22日の2時間スペシャルでは14.9%を記録し、1位になった。2008年に入ってからは2桁の時もあれば、1桁の時も出てきていた。

2007年10月6日の2時間スペシャル放送から世界各地の不思議な出来事を紹介する「オーラな出来事」というコーナーが始まった。 不況によるテレビ局全般(あるいはテレビ朝日における)広告収入の悪化、それにともなう制作費の削減傾向などから、2009年3月をもってレギュラー放送終了が決まった。後枠には土曜19時台および20時台で2時間の特番枠サタスペ!』が開始され、それ以降は月に1回『サタスペ!』枠での特番として放送されていたが[1]、2009年9月19日の放送をもって月1回の2時間放送も終了し、4年半の番組の歴史に幕を下ろすこととなった(2009年8月15日当番組の予告で発表した)。

本番組終了後の土曜20時台は、国分と同じTOKIOメンバーの城島茂が司会を務めるクイズ番組『天才をつくる!ガリレオ脳研』が2009年11月14日からスタートした。

サタスペ!での放送日[編集]

2009年[編集]

  • 4月11日
  • 5月30日
  • 6月27日
  • 7月18日
  • 8月15日
  • 9月19日

批判とそれに対する説明[編集]

  • 2007年3月1日、「全国霊感商法対策弁護士連絡会」は、日本放送協会民放連に対し、番組内容の見直しを求める要望書を提出した。要望書には、「近年、霊能師が「オーラが見える」と語ったり、芸能人の未来を断定口調で予言したり、その言葉をそのまま出演者が信じたり、といった番組が増加しており、これらの番組が霊感商法による被害の危険性を高めている」という主旨のことが書かれた。(「オーラが見える」との記述から、当番組をはじめとする幾つかの番組を念頭においていることが窺われる。)2006年12月9日、中2男子が、霊界の話を紹介するテレビ番組に影響を受けて、飛び降り自殺をして死亡した事件への影響にも言及された(江原は自殺することは生まれ変わっても同じ試練を繰り返すだけで無益であると説いている[2])。[3]
    • 2007年4月21日以降、番組の最後に「『「前世」、「守護霊」は現在の科学で証明されたものではありません。人生をよりよく生きる、ひとつのヒントです』という テロップを表示するようになった[2][4]
    • 制作するテレビ朝日側は「信じてしまう視聴者もいるということを念頭に置きながら、悪い影響が出ないよう配慮して制作している」との見解を示した[5]
  • " 個人カウンセリングを止めたのに、有名人だけはカウンセリングしている " という主旨の批判[6]に対しては、江原は「スピリチュアリズムを知ってもらうためのデモンストレーションであり、懇意にしている有名人に対しても個人カウンセリングは断っている」とした[2]
  • 江原は「『オーラの泉』はスピリチュアリズムを広める点では大きな影響があったが、「オーラ」や「前世」を言い当てるのがスピリチュアリズムの主軸であるかのような誤解を招いた」とその功罪を述べた[2]


ゲスト[編集]

2005年
放送日 ゲスト 備考
1 4月5日 及川光博
2 4月12日 吉岡美穂
3 4月19日 山口智充
4 4月26日 齋藤孝
5 5月3日 国生さゆり
6 5月10日 米良美一
7 5月17日 YOU
8 5月24日 髙嶋政宏
9 5月31日 山本美憂
10 6月7日 菅野美穂
11 6月14日 南野陽子
12 6月21日 木村藤子
13 6月28日 マルシア
14 7月5日 阿川佐和子
15 7月12日 宇梶剛士
7月16日(土) 奥菜恵杉田かおるデヴィ夫人 ドスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
16 7月19日 宇梶剛士
17 8月2日 奈美悦子
18 8月9日 tetsuya(当時:tetsu) (L'Arc〜en〜Ciel)
19 8月16日 山咲トオル
20 8月23日 渡辺美里
21 8月30日 東幹久
22 9月6日 和田アキ子
23 9月13日 和田アキ子
24 9月20日 三原じゅん子
25 9月27日 風間トオル この回まで火曜0:46 - 1:16(月曜深夜、『ネオバラエティ第3部』月曜版)枠で放送。
10月15日(土) 中嶋朋子花田勝柏木由紀子 『ドスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
26 10月19日 飯島直子 この回から水曜23:15 - 翌0:10(『ネオバラエティ』水曜版)枠で放送。
27 10月26日 浅田美代子
28 11月2日 細川茂樹
29 11月9日 森公美子
30 11月16日 鶴見辰吾
31 11月23日 さとう珠緒
32 11月30日 中井貴一
33 12月7日 中島啓江
12月24日(土) 上戸彩新庄剛志増田惠子 『ドスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
2006年
放送日 ゲスト 備考
1月4日 加藤あい 85分SP
34 1月11日 オダギリジョー
35 1月18日 上原さくら
36 1月25日 濱口優 (よゐこ)
37 2月1日 奥田瑛二
38 2月8日 三谷幸喜
39 2月22日 原沙知絵
40 3月1日 ヒロシ
41 3月8日 ベッキー
42 3月15日 木村多江
3月18日(土) 広末涼子長嶋一茂綾戸智絵 『ドスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
43 3月22日 3月18日放送分の未公開集
44 3月29日 須藤元気
45 4月19日 釈由美子
4月24日(月) 船越英一郎フジコ・ヘミング長谷川理恵 月バラ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
46 4月26日 東野幸治
47 5月3日 的場浩司
48 5月10日 羽田美智子
49 5月17日 研ナオコ
50 5月24日 佐々木蔵之介
51 5月31日 相田翔子
52 6月7日 寺島進
53 6月14日 佐藤弘道
54 6月21日 岡崎朋美
55 6月28日 宮本亜門
56 7月5日 千代大海
57 7月12日 細川たかし
58 7月19日 山本耕史
59 7月26日 青田典子
60 8月2日 松岡修造
61 8月9日 川嶋あい
62 8月16日 海老名香葉子
63 8月23日 丸山和也
64 8月30日 小池栄子
65 9月6日 田中美里
66 9月13日 前田日明
67 9月20日 村上弘明
68 9月27日 名場面集PART1
69 10月4日 名場面集PART2
70 10月11日 山田優
71 10月18日 青木さやか
72 10月25日 中村橋之助
73 11月1日 酒井美紀
74 11月8日 沢村一樹
75 11月15日 古手川祐子
76 11月22日 陣内孝則
77 11月29日 堀ちえみ
78 12月6日 友近
79 12月13日 伊原剛志
80 12月20日 檀れい
81 12月27日 特別編
2007年
放送日 ゲスト 備考
1月4日(木) 松坂慶子 新春SP(18:30 - 20:54)。新年会ゲスト:青木さやか假屋崎省吾森公美子綾戸智絵中島啓江YOU
82 1月10日 年末年始未公開編
83 1月17日 劇団ひとり
84 1月24日 眞鍋かをり
85 1月31日 京本政樹
86 2月7日 片岡鶴太郎
87 2月14日 假屋崎省吾
88 2月21日 村治佳織
89 2月28日 木村彰吾
90 3月7日 鈴木紗理奈
91 3月14日 小谷実可子
92 3月21日 ATSUSHI (EXILE)
93 3月28日 佐渡裕 この回まで水曜23:15 - 翌0:10(『ネオバラエティ』水曜版)枠で放送。
4月21日 泉ピン子井ノ原快彦(V6) この回から土曜19:57 - 20:54枠で放送。
2時間SP(19:00 - 20:54)
94 4月28日 向井亜紀
95 5月5日 島田洋七
96 5月12日 勝俣州和
97 5月19日 香里奈
98 5月26日 古賀稔彦
99 6月2日 RIKACO
100 6月9日 黒沢年雄
101 6月16日 大泉洋TEAM NACS
102 6月23日 佐藤江梨子
7月7日 中村俊輔東山紀之(少年隊) 2時間SP(19:00 - 20:54)
103 7月14日 堂本光一(KinKi Kids)
104 7月28日 高見沢俊彦
105 8月4日 小林幸子
106 8月11日 渡辺えり子
107 8月18日 小泉孝太郎
108 8月25日 戸田恵子
109 9月1日 武田鉄矢
110 9月8日 山田邦子
111 9月15日 梅沢富美男
10月6日 貴乃花光司寿美花代 2時間SP(19:00 - 20:54)
112 10月20日 小雪
113 11月10日 内藤大助
11月24日 加藤和也アグネス・チャン 2時間SP(19:00 - 20:54)
114 12月8日 秋吉久美子
12月22日 羽野晶紀 2時間SP(19:00 - 20:54)
放送日 ゲスト 備考
2008年
1月12日 陣内智則 2時間SP(19:00 - 20:54)
115 1月26日 義家弘介
116 2月2日 宮藤官九郎
117 2月9日 間下このみ
118 2月16日 柳原可奈子
119 2月23日 山本譲二
120 3月1日 中村中
121 3月8日 西城秀樹
4月5日 東国原英夫松居一代 2時間SP(19:00 - 20:54)
122 4月19日 榎木孝明
5月3日 小室哲哉
不思議な話:髙嶋政宏ほしのあき上原さくら金子貴俊杉本彩
2時間SP(19:00 - 20:54)
123 5月10日 西川きよし
不思議な話:杉本彩
5月17日 不思議な話:加藤和樹つまみ枝豆小倉優子八代亜紀梅沢富美男
124 6月7日 内田恭子
125 6月14日 島倉千代子
不思議な話:加藤夏希柴田光太郎つるの剛士
126 6月21日 加藤雅也
不思議な話:勝俣州和秋本奈緒美
6月28日 松田美由紀、金子貴俊、西村知美狩野英孝宮﨑大輔 2時間SP(19:00 - 20:54)
127 7月12日 小島よしお安藤和津
128 7月19日 いしだ壱成
129 7月26日 山口達也
130 8月2日 千原ジュニア
8月16日 未唯mie林家正蔵加藤茶 2時間SP(19:00 - 20:54)
8月30日 東幹久斉藤祥太羽野晶紀前田日明 オーラの相談室
131 9月6日 琴欧洲勝紀
132 9月13日 辺見えみり
10月4日 松田聖子オグシオ小椋久美子潮田玲子 2時間SP(19:00 - 20:54)
133 10月18日 エド・はるみ
134 10月25日 田中義剛
11月1日 相田翔子南明奈安めぐみ
135 11月22日 市川海老蔵
11月29日 岸部四郎泉ピン子内藤大助寿美花代
12月20日 春風亭小朝黒木亮テレニン晃子京谷和幸 2時間SP(19:00 - 20:54)
2009年
放送日 ゲスト 備考
136 1月17日 間寛平
137 1月24日 安倍なつみ
138 2月14日 奥菜恵
139 2月21日 中村江里子
3月14日 はるな愛
街のオーラ:辺見えみり
2時間SP(19:00 - 20:54)
レギュラー放送最終回
4月11日(土) 哀川翔 サタスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
5月30日(土) 石田純一
ヒーローに学ぶ元気の力の秘訣:齋藤孝
サタスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
6月27日(土) 白鵬翔
街のオーラ、豪邸診断:假屋崎省吾
サタスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
7月18日(土) 三倉茉奈・佳奈(マナカナ
街のオーラ:エド・はるみ
サタスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
8月15日(土) 倉本聰
天国からのメッセージ:逸見太郎逸見愛逸見政孝特集)、河島あみる河島亜奈睦河島翔馬
河島英五特集)、ロザンナ万梨音出門英特集)
サタスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
9月19日 石田純一、内田恭子及川光博東野幸治、はるな愛、勝俣州和丸山和也YOU内藤大助 サタスペ!』枠で放送(19:00 - 20:54)
最終回・完結篇。今までの名場面集

パロディ[編集]

「オーラの沼」
くりぃむしちゅーのたりらリでイキます!!』の一コーナー
有田哲平が江原になりきって「あ原啓之」に扮し、土田晃之が特殊メイクを施し美輪になりきり「ビワさん」に扮し、ゲストの私生活や秘密にしている事を次々に暴露するコーナー。
ニワさん
SMAP×SMAP』の中で香取慎吾が豹変する美輪を演じる。美輪本人公認であり、江原本人が出演したこともある。
「スピリチュアルミュージック」
やまだひさしのラジアンリミテッドDX』の木曜日に放送されていた一コーナー。
やまだひさしが江原に扮する「江やまだひさ之」が電話の相手を声だけで占う。
「オイラの泉」
南海キャンディーズ 山里亮太のヤンピース フライデースペシャルの一コーナー。南海キャンディーズ山里亮太が江原になりきり「(スベリチュアルカウンセラー)山原」に扮し、電話の相手と悩み相談を行うコーナー。
やべ分太一・小美輪明宏・江頭2時50分 エガシラの泉
『めちゃ²イケてるッ!』の一コーナー
矢部浩之が国分風に進行に徹し、美輪になりきった岡村隆史が霊視能力の無い和服姿の江頭2:50を深く静かに追い詰めるスピリチュアル・トークコーナー。

その他にも『水10!』などでもパロディをやっていた。

スタッフ[編集]

  • ナレーション:矢島正明大場真人
  • 構成:工藤ひろこ、秋元万里、平村隼人
  • 技術:山内克彦
  • カメラマン:宮田一
  • 音声:新井八月
  • 映像調整:岡平伸一
  • 照明:中野照規
  • 美術デザイン:福田亜矢子
  • 美術進行:山本和記
  • 大道具:関谷陽
  • 生花装飾:橋本由子
  • メイク:下館一美
  • 編成:西村裕明(テレビ朝日)
  • 宣伝:村上弓(テレビ朝日)
  • VTR編集:細谷大輔(CCファクトリー〔旧TDKコア〕
  • MA:関川一貴(CCファクトリー〔旧TDKコア〕)
  • 音効:和田勝之(スカイウォーカー)
  • TK (タイムキーパー):岸波明子
  • 技術協力:テイクシステムズ共立日放
  • 協力:ジャニーズ事務所
  • ディレクター:日野力(wish)、丸山佳男(ViViA)、倉島章二
  • 演出:堀池勝法(テレビ朝日)
  • プロデューサー:岩立良作オフィスぼくら)、坂井宏爾(wish)
  • チーフプロデューサー:畔柳吉彦(テレビ朝日)
  • ゼネラルプロデューサー:藤井智久(テレビ朝日)【2009年7月18日〜】
  • エグゼクティブプロデューサー:青山幸光(テレビ朝日)
  • 制作協力:ウイッシュカンパニーViViA

ネット局と放送時間[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サイゾー:スピリチュアルブーム終焉か? 『オーラの泉』打切り決定!
  2. ^ a b c d 江原啓之 『本音発言』(講談社 2007年10月19日)
  3. ^ ちなみに日本民間放送連盟が定める放送基準 第8章には「非科学的な迷信や、これに類する運命運勢鑑定霊感霊能等を取り上げる場合は、これを“肯定的に取り扱わない”」と記述されている(放送基準 第8章 表現上の配慮)。
  4. ^ 過熱する『オーラの泉』批判、ゴールデン進出は失敗!?(Livedoorニュース 2007年07月10日00時01分閲覧)
  5. ^ テレビ朝日 第470回 放送番組審議会報告 2006年5月26日(金)の魚拓
  6. ^ 『江原啓之「7つの疑問」』(『週刊文春』2007年2月1日号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 火曜0:46 - 0:51枠(月曜深夜)
前番組 番組名 次番組
国分太一・美輪明宏のオーラの泉
ここから『ネオバラエティ第3部』月曜版
テレビ朝日 火曜0:51 - 1:15枠(月曜深夜)
国分太一・美輪明宏のオーラの泉
ここから『ネオバラエティ第3部』月曜版
マチャミナイト ガチンコ視聴率バトル 私がPだ!
※0:45 - 1:15
テレビ朝日 火曜1:15 - 1:16枠(月曜深夜)
ストリートファイターズ
※0:51 - 1:21
国分太一・美輪明宏のオーラの泉
全力坂
※1:15 - 1:21
【1分拡大して継続】
テレビ朝日 水曜23:15 - 翌0:10枠
(『ネオバラエティ』水曜版)
Matthew's Best Hit TV+
【火曜19:00 - 19:54枠に移動して継続】
国分太一&美輪明宏&江原啓之のオーラの泉
テレビ朝日系列 土曜19:57 - 20:54枠
ドスペ!
※19:00 - 20:54
国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉
サタスペ!
※19:00 - 20:54