メッセンジャー (1999年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メッセンジャー
Messengers
監督 馬場康夫
脚本 戸田山雅司
製作 堀井健一
出演者 草彅剛
飯島直子
矢部浩之
加山雄三[1]
音楽 本間勇輔
主題歌 久保田利伸
撮影 長谷川元吉
編集 田口拓也
配給 東宝
公開 日本の旗 1999年8月21日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4.5億円[2]
テンプレートを表示

メッセンジャー』は、1999年8月21日に公開されたホイチョイ・プロダクションズ原作・フジテレビ映画事業部制作の日本映画

あらすじ[編集]

芝浦に本社を置く総合商社の安宅物産繊維部に勤める愛人の岡野から任せられ、同社が日本で取り扱うイタリアの高級アパレルブランド『エンリコ・ダンドロ』のハウスプレス(広報)として働くキャリアウーマン気取りの清水尚実は高級マンションと高級外車とクレジットカードが安宅物産から支給され、会社の金で岡野とバブル時代と錯誤するようなセレブな生活を送っていた。

しかし秋冬物の新作発表日の午前、イタリアのエンリコが倒産したと社内で電子メールが回され、発表会場である路面店からマスコミが消える騒動になる。審査部の太田は岡野に対してアメリカのファッションデザイナーであるティム・グレイを引き抜くことを依頼し、そのままニューヨークへ高飛びし、太田はエンリコ倒産に伴う自社の資産保全に乗りだす。理解できず帰宅した尚実は自宅マンションで差し押さえを目撃し、隙を突いて自分の車で逃走するが、猛スピードで走っていた自転車便「東京エクスプレス」の横田と大手町交差点で衝突する交通事故を起こす。横田は尚実に目の前にあるシティバンクへ書類を届けて欲しいと頼まれ、尚実はシティバンクへ向かうが、そこで太田と遭遇し財布の中身を没収される憂き目に遭う。事故現場に戻った尚実は轢き逃げの現行犯として定年退職間近の警官・島野に逮捕されてしまった。

事故直前に任意保険が解約されて賠償金が用意出来ない尚実は、骨折で入院した横田の示談条件として、退院するまで代わりに自転車便をやって欲しいと懇願される。傲慢な性格からそれを拒否した尚実は一晩拘留され、示談を渋々受け入れる。翌朝、同僚の鈴木のレクチャーの下、経験したことの無い肉体労働を伴うメッセンジャー(自転車便)の世界に入っていく。

あくる日、尚実の発想で営業をしに安宅物産の太田を訪ねるが、彼は大手町のシティバンクに居るという。同僚はその場に居たバイク便「セルート」に配達を頼むが、尚実が咄嗟の判断でバイク便よりも早く届いたら今後配達を任せて貰えるか、と電話越しに提案し、フットワークの軽い東京エクスプレスが勝利し、大口得意先となる。その後、横田の恋人である由美子や島野、対決の結果セルートをクビにされた服部が仲間に入り、社業は順調に発展して行く。

一方、岡野がニューヨークで接触したティム・グレイはかつてビンタを喰らわせられた尚実を気に入り、日本での展開でプレスに迎えることを要求してきたため、岡野は尚実を説得。尚実は退院した横田との約束が満了していたことから元の仕事に戻ることになった。

東京エクスプレスを逆恨みしたセルートは、潰しに掛かろうとスピード違反や妨害行為を厭わない黒幕部隊(おまけにセルートの回し者と一見してわからないよう黒づくめの服装とフルフェイスメットを着用。キャリアボックスを外し、ナンバープレートを上に折り曲げている)を用意し、再勝負を持ちかける。その熾烈なバトルを偶々安宅物産へ向かうタクシーの車中で目撃した尚実は自転車へと向かう。

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

  • OP:久保田利伸「NO Lights Candle Light」
  • ED:久保田利伸「Messengers Rhyme」 - ラップパートを、メインキャストが担当したバージョンが使用されている。

キャスト[編集]

ビデオソフト[編集]

VHS
  • 「メッセンジャー」(2000年3月17日)
DVD
  • 「メッセンジャー」(2000年3月17日)
  • 「メッセンジャー」(2003年11月19日)商品コードPCBG-50465

ロケ地[編集]

備考[編集]

実際のセルートのバイク
  • 劇中のファッションブランド「エンリコ・ダンドロ」は、実在のブランドエンリコ・コベリサルヴァトーレ・フェラガモをモチーフとしたものである(ロゴデザインがフェラガモと酷似)。同じく「安宅物産」も現実の安宅産業三井物産をモチーフとした名称である。
  • 劇中登場するバイク便業者「セルート」は実在し、取材協力をしている。小学館は同社の大口顧客。
  • 自転車便の仕事を終えた後に尚実と鈴木が銭湯へ入るシーンがあり、草彅剛はスパッツ一枚の上半身裸の姿、飯島直子は胸上と背中のセミヌードを露わにしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 民放公式テレビポータブル TVer
  2. ^ 「1999年日本映画配給収入」、『キネマ旬報2000年平成12年)2月下旬号、キネマ旬報社2000年、 154頁。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]

外部リンク[編集]