君といつまでも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
君といつまでも
加山雄三シングル
B面 夜空の星
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲J-POP
レーベル 東芝レコード
作詞・作曲 岩谷時子弾厚作
ゴールドディスク
チャート最高順位
加山雄三 シングル 年表
恋は紅いバラ
(1965年)
君といつまでも
ブラック・サンド・ビーチ
(1965年)
夕陽は赤く
(1966年)
テンプレートを表示

君といつまでも (きみといつまでも) は、加山雄三の5枚目のシングル。1965年12月5日発売。

概要[編集]

収録は毎日放送千里丘放送センターで行われた。編曲(アレンジ)が気に入った加山が、嬉しさのあまり「いやあ、幸せだなぁ」と呟いた。そのことから、後に流行語となる台詞が間奏に収録されることとなった[1]

300万枚を超える大ヒットになり[2]1966年第8回日本レコード大賞の特別賞となった。

加山の主演映画『エレキの若大将』(1965年、東宝/岩内克己監督)では、主題歌として、「君といつまでも」と「夜空の星」がともに歌われている。

「君といつまでも」は『アルプスの若大将』(1966年東宝古澤憲吾監督)の主題歌としても使われている。また、草刈正雄主演の『がんばれ!若大将』(1975年、東宝/小谷承靖監督)と『激突!若大将』(1976年、東宝/小谷承靖監督)では、オープニングの「東宝マーク」のBGMに使われた。更に、2003年度下半期の連続テレビ小説てるてる家族』(NHK大阪放送局製作)の第81話でも使用された。

また、「夜空の星」は1991年に、加山自身のセルフカバーとして日産・アトラスのCMソングに起用された。

桑田佳祐が『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』で「君といつまでも」の歌詞を変えて披露しようとしたが、過激すぎて放送できなかった。

2017年2月6日より「君といつまでも」がインストゥルメンタルバージョンとしてサントリートリスクラシック」のCM使用曲として起用されている。

収録曲[編集]

  1. 君といつまでも
    作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作(加山雄三)、編曲:森岡賢一郎
  2. 夜空の星
    作詞:岩谷時子、作曲・編曲:弾厚作(加山雄三)

NHK紅白歌合戦出場回[編集]

ザ・ベンチャーズ盤[編集]

君といつまでも
ザ・ベンチャーズシングル
B面 夜空の星
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル インストゥルメンタル
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 弾厚作
ザ・ベンチャーズ シングル 年表
蜜の味
(1966年)
君といつまでも
バットマン
(1966年)
アウトオブ・リミッツ
(1966年)
テンプレートを表示

1966年3月20日ザ・ベンチャーズが日本市場向けシングルとしてカバーし、日本では加山のオリジナル盤と並行してヒットした。1966年1月〜6月(上半期)の日本での最大のヒットシングルは、日本吹き込み盤では加山の、洋楽ポピュラーではザ・ベンチャーズの、それぞれ「君といつまでも」であったとされる[3]

収録曲[編集]

  1. 君といつまでも (KIMI-TO-ITSUMADEMO)
    作曲:弾厚作(加山雄三)、編曲:ザ・ベンチャーズ
  2. 夜空の星 (YOZORA-NO-HOSHI)
    作曲:弾厚作(加山雄三)、編曲:ザ・ベンチャーズ

その他のカヴァー[編集]

「君といつまでも」[編集]

「夜空の星」[編集]

  • THE ALFEE(1997年、トリビュート・アルバム『60 CANDLES』収録)
  • 氷川きよし(2002年、アルバム『銀河〜星空の秋子〜』収録)
  • 忌野清志郎(2003年、アルバム『加山雄三カバー・ソングス ホライズン』収録)

「君といつまでも」収録CD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 黒柳徹子 × 加山雄三 第1夜”. ミュージック ポートレイト. 日本放送協会 (2014年5月15日). 2014年7月24日閲覧。
  2. ^ 愛と未来のために―加山雄三画集〈7〉 (加山雄三画集 (7)) (大型本)、Amazon.co.jp
  3. ^ ベンチャーズのシングル「二人の銀座/エイト・マイルズ・ハイ」ジャケット裏面の福田一郎による解説より。