大林雅美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大林 雅美(おおばやし まさみ、1947年5月30日 - )は、元タレント。本名は大林雅子。俳優上原謙の元後妻。次女の仁美凌は女優。

来歴[編集]

北海道網元の三女として出生。家業の破綻により母子家庭で育ち、中学入学前に母とともに上京。八雲学園中学校・高等学校中退。17歳で歌手の大橋節夫に師事して在日アメリカ軍キャンプ周りをした後、ホステス兼クラブ歌手となる[1][2]

1975年、ホステス兼クラブ歌手をしていた時、妻と死別していた38歳年上の上原謙と知り合い同棲生活を経て結婚。2人の娘をもうけた。上原は1970年に専務を務めていたホテルパシフィックパーク茅ヶ崎が倒産して財産を失っており、長女出産後は銀座のクラブへの勤務を再開し、直後に上原の出資により赤坂にスナックのハニー上原を開店した[1][2]。しかし上原が年を取るに連れ喧嘩が絶えなくなり、1991年6月に離婚。上原の長男の加山雄三一家との確執、自らの不倫騒動などで世間を騒がせ、[1]「悪女」「たぬき顔」などの流行語を生んだ。

騒動の渦中には、ラジオ日本で持っていたレギュラー番組『まさみの素敵な夜に』のスポンサーのシキボウの社長と愛人関係だったと報じられ、さらに社長と2人で設立したマコツーにシキボウから資金提供があったとされ、社長は解任、番組も打ち切られた。大林は社長を婚約不履行で訴えて慰謝料5千万円を要求した[2]

離婚後の1991年と1992年には夫婦関係や加山家との確執などを明かした本を出版。

1992年にクラブの「まこん」で銀座に初出店[3][4]。翌1993年には井筒和幸監督によるオリジナルビデオ『雅子のパワー・オブ・ラブ』で主演するなどのタレント活動をした[5]

加山雄三家とは絶縁状態で、銀座ではダイニングバー23区を2009年2月末に閉店しこれまでに銀座では7軒の店を開閉店し, 一時は借金4000万円を抱えた[6]。23区を閉店後は元歌手の仲宗根美樹のバー美樹を手伝っていたが[7]、常連客の求めに応じて2010年8月25日には再び銀座にスナックを開店[8][9]。初心に返るつもりで銀座に初めて出した店名である「まこん」を再び名付けた[6]

出演作品[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 日本一の悪女? 雅美のパワーオブラブ(1993年)

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • まさみの素敵な夜に(ラジオ日本)

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 駒村吉重「上原謙・大林雅子『37歳・年の差婚』の末路」『新潮45』2006年9月号、pp.59-61
  2. ^ a b c 山下勇蔵「ワイドショーの視聴率をあげた大林雅子に見る"女の真実"」『噂の眞相』1991年11月号、pp.38-43
  3. ^ 「今度は銀座に『高齢者』お見合いスナックの『大林雅美』」『週刊新潮』2010年9月2日号、pp.49-50
  4. ^ ビートたけし「恐怖の新宗教"貝の家族" たけしが明かすまこん教 教組は大林雅子」『たけしの「号外」!!』洋泉社、1998年、p.51
  5. ^ 井筒和幸『ガキ以上、愚連隊未満。』ダイヤモンド社、2010年、pp.220-221
  6. ^ a b 「今度は銀座に『高齢者』お見合いスナックの『大林雅美』」『週刊新潮』2010年9月2日号、pp.49-50
  7. ^ 「『仲宗根美樹』の銀座バーに転がり込んだ『大林雅美』」『週刊新潮』2009年5月7日・14日合併号、pp.61-62
  8. ^ “大林雅美さん、銀座にスナックを開店”. サンケイスポーツ. (2010年8月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/100826/gnj1008260517018-n1.htm 2010年8月26日閲覧。 
  9. ^ 「上原謙の元妻が開くバーで中高年が繰り広げる『婚活』」『週刊朝日』2010年11月12日号、p.126

外部リンク[編集]