乱れ雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乱れ雲
監督 成瀬巳喜男
脚本 山田信夫
製作 藤本真澄金子正且
出演者 司葉子
加山雄三
森光子
音楽 武満徹
撮影 逢沢譲
編集 大井英史
配給 東宝
公開 日本の旗 1967年11月18日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

乱れ雲』(みだれぐも)は、1967年に「東宝創立35周年記念作品」の1本として制作・公開された日本映画で、成瀬巳喜男監督の遺作である。交通事故で夫を亡くした女性と、その加害者である青年が、愛憎入り混じった許されない間柄でありながらも惹かれ合ってゆく姿を描く。製作・配給は東宝カラー東宝スコープ

あらすじ[編集]

由美子は幸福の絶頂にいた。通商産業省勤務の夫・宏のアメリカ赴任が決まり、自身は妊娠していたのだ。しかしその直後、宏は交通事故で死んでしまう。宏を轢いた商事会社の社員・三島史郎は裁判で無罪となり、宏の葬式に現れるが、由美子は史郎を憎んで追い返した。無罪になったものの、監督官庁の役人を死なせてしまった史郎は、青森に左遷されることになった。一方、由美子も夫の両親に籍を抜かれ、遺族年金も打ち切られて生活に困り、十和田湖の実家に帰らざるを得なくなる。

キャスト[編集]

※映画クレジット順

※以下クレジット無し

スタッフ[編集]

クレジット順

同時上映[編集]

喜劇 駅前百年

テレビドラマ[編集]

本作を原作とするテレビドラマが、1970年1974年の2回に渡って放送された。

1970年版[編集]

乱れ雲(1970年版)
ジャンル テレビドラマ
原作 山田信夫
脚本 重森孝子、山田信夫
監督 木下亮
出演者 栗原小巻
製作
プロデューサー 渡辺毅
放送分 56分
制作 日本テレビ
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1970年7月20日 - 同年8月24日
放送時間 月曜21:00 - 21:56
放送枠 ファミリー劇場 (日本テレビ)

特記事項:
協力:青森放送

1970年7月20日から同年8月24日まで、日本テレビ系列の『ファミリー劇場』で放送。映画の脚本を担当した山田信夫が「原作」扱いとされ、本作でも脚本を手掛けた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1974年版[編集]

1974年7月1日から同年9月27日まで、フジテレビ系列平日13:45 - 14:00JST)で放送。

キャスト[編集]

日本テレビ系列 ファミリー劇場
前番組 番組名 次番組
乱れ雲(1970年版)
フジテレビ系列 平日13:45 - 14:00枠
乱れ雲(1974年版)

外部リンク[編集]