岡部正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかべ ただし
岡部 正
生年月日 (1923-05-11) 1923年5月11日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 埼玉県飯能市
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇特撮映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1946年 - 1973年
主な作品
怪獣総進撃
ウルトラQ
ウルトラセブン

岡部 正(おかべ ただし、1923年5月11日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3]。 同姓同名で医学博士の岡部正とは別人である[4]

来歴・人物[編集]

1923年(大正12年)5月11日埼玉県飯能市に生まれる[1][2][3]日本大学芸術科を卒業[5]

小学校教諭を経て東宝の専属俳優となり、戦後の早い時期から1970年代前半にかけて、ジャンルを問わず多くの作品に出演した[1][2][3]。主に端役、時には脇役として活躍。

東宝特撮映画の出演も多く、1954年(昭和29年)に公開された日本初の怪獣映画である本多猪四郎監督映画『ゴジラ』や、1956年(昭和31年)に公開された本多監督のカラー映画空の大怪獣 ラドン』など助手や新聞記者、警官役が多い。また、クレージー映画の出演も多数ある[1][2][3]

1960年代にはテレビドラマにも出演。ウルトラシリーズでは、1966年(昭和41年)に放送された『ウルトラQ』一の谷博士(江川宇礼雄)の助手・本田や、翌1967年(昭和42年)に放送された『ウルトラセブン』医師・木村博士を演じた。ただし、それぞれ準レギュラー出演である[1][2]

1971年(昭和46年)の東宝専属俳優一斉解雇後も活動を続けたが、1973年(昭和48年)に公開された小谷承靖監督映画『夕日くん サラリーマン仁義』以降の出演記録が見当たらない[1]。以後の消息も不明で、健在であれば90代近い年齢である。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 木曜観劇会(フジテレビ
    • (1959年8月27日放送)
  • ウルトラQTBS):本田助手
    • 第3話「宇宙からの贈り物」(1966年1月16日放送)
    • 第25話「悪魔ッ子」(1966年6月19日放送)[6]
    • 第27話「206便消滅す」(1966年7月3日放送)
    • 第28話「あけてくれ!」(1967年12月14日放送)
  • ウルトラセブン(TBS):木村博士
    • 第22話「人間牧場」(1968年3月3日放送)
    • 第27話「サイボーグ作戦」(1968年4月7日放送)
    • 第31話「悪魔の住む花」(1968年5月5日放送)[7]
    • 第33話「侵略する死者たち」(1968年放送)
    • 第48話「史上最大の侵略(前編)」(1968年9月1日放送)
    • 第49話「史上最大の侵略(後編)」(1968年9月1日放送)
  • 怪奇大作戦 (TBS)
    • 第11話「ジャガーの眼は赤い」(1968年11月24日放送)[8]
  • 帰ってきたウルトラマン (TBS)
    • 第1話「怪獣総進撃」(1971年4月2日放送):医師

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『東宝特撮映画全史』 東宝1983年、528頁。ISBN 4924609005
  2. ^ a b c d e 「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」『初代ゴジラ研究読本』 洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年、111頁。ISBN 978-4800304520
  3. ^ a b c d 『モスラ映画大全』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年、37, 106頁。ISBN 978-4862487612
  4. ^ 岡部正”. 著者情報. 実業之日本社. 2017年11月25日閲覧。
  5. ^ 初代ゴジラ 2014, 「加藤茂雄と記平佳枝が語るゴジラ出演者」 p. 111
  6. ^ 25話のみクレジット表記無し。
  7. ^ 都合により、代役で松尾文人が演じた。
  8. ^ 出演シーンがカットされている。

外部リンク[編集]