四つの恋の物語 (1947年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
四つの恋の物語
監督 豊田四郎
成瀬巳喜男
山本嘉次郎
衣笠貞之助
脚本 黒澤明
小国英雄
山崎謙太
八住利雄
製作 松崎啓次
本木荘二郎
田中友幸
出演者 池部良
久我美子
木暮実千代
榎本健一
若山セツ子
音楽 早坂文雄
栗原重一
撮影 川村清衛
木塚誠一
伊藤武夫
中井朝一
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1947年3月11日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

四つの恋の物語』(よっつのこいのものがたり)は、1947年(昭和22年)3月11日公開の日本映画である。東宝製作・配給。モノクロスタンダード、112分。

4つの恋をテーマにした物語を、4人の監督がそれぞれ描いたオムニバス映画[1][2]第二次東宝争議が終結して最初の東宝作品となり、その争議でスター俳優が大量脱退したため、久我美子若山セツ子東宝ニューフェイスの新人俳優を起用した。第21回キネマ旬報ベスト・テン第8位。

第1話「初恋」[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

第2話「別れも愉し」[編集]

第2話の監督は元々阿部豊が務める予定だったが、阿部が新東宝に移籍したため成瀬巳喜男が監督することになった[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

第3話「恋はやさし」[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

第4話「恋のサーカス」[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 四つの恋の物語allcinema、2015年3月1日閲覧
  2. ^ 『現代映画用語辞典』、キネマ旬報社、2012年5月28日、p.33
  3. ^ 四つの恋の物語、キネマ写真館、2015年3月1日閲覧

外部リンク[編集]