噫小西巡査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
噫小西巡査
監督 衣笠貞之助
内田吐夢
脚本 不明
製作 牧野教育映画製作所
製作総指揮 牧野省三
出演者 本間直司
衣笠貞之助
撮影 金森万象
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 1922年10月29日
上映時間 60分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

噫小西巡査』(ああこにしじゅんさ)は、1922年(大正11年)製作・公開、衣笠貞之助内田吐夢共同監督による日本の長篇劇映画、サイレント映画現代劇映画である。女形俳優の衣笠貞之助が出演し、映画監督としてもデビューした作品であり、横浜の大正活映出身の俳優であった内田吐夢にとっても、監督デビュー作である。

略歴・概要[編集]

「日活新派」と呼ばれ、現代劇を量産していた東京の日活向島撮影所で、1918年(大正7年)以来、女形を務めていた衣笠貞之助は、撮影所を飛び出して舞台実演の巡業を始めていた。同様に日活から独立して牧野教育映画製作所を設立していた京都の牧野省三は、日活から頼まれて衣笠を説得し、預かって、初めての監督作を撮らせたのが本作、『噫小西巡査』である。本作は、1922年(大正11年)10月29日に、日活の配給で、浅草公園六区三友館を皮切りに公開された。

東京国立近代美術館フィルムセンターは本作のプリントを所蔵していない[1]マツダ映画社も所蔵していない[2]。衣笠・内田のダブル・デビュー作であるにもかかわらず、現状、観賞することの不可能な作品である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

[編集]

外部リンク[編集]