白鷺 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白鷺
作者 泉鏡花
日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 新聞連載
初出 東京朝日新聞
1909年10月15日 - 12月12日
刊行 1910年2月18日春陽堂
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

白鷺』(しらさぎ)は、泉鏡花長編小説夏目漱石の周旋で[1]1909年(明治42年)10月から12月にかけて東京朝日新聞に連載され、翌1910年(明治43年)2月18日春陽堂より刊行された。同年4月に本郷座柳川春葉脚色、伊井蓉峰喜多村緑郎藤沢浅二郎らの出演によって初演されて以降、新派で何度も脚色・上演された。

これまでに映画化が2回、テレビドラマ化が5回行われた。

映画化[編集]

1941年版[編集]

白鷺
監督 島津保次郎
脚本 山形雄策
製作 田村道美
出演者 入江たか子
黒川弥太郎
音楽 早坂文雄
撮影 鈴木博
編集 岩下廣一
製作会社 東宝映畫(東京撮影所)
配給 東宝映畫
公開 日本の旗 1941年5月1日
上映時間 126分
99分(再集版)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

白鷺』(しらさぎ)は、1941年(昭和16年)5月1日公開の日本映画である。東宝映画製作・配給。監督は島津保次郎、主演は入江たか子モノクロスタンダード、126分。日本画家小村雪岱が美術考証にあたった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1958年版[編集]

白鷺
監督 衣笠貞之助
脚本 衣笠貞之助
相良準
製作 永田雅一
出演者 山本富士子
川崎敬三
音楽 斎藤一郎
撮影 渡辺公夫
編集 名取功男
製作会社 大映東京撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1958年11月29日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

白鷺』(しらさぎ)は、1958年(昭和33年)11月29日公開の日本映画である。大映製作・配給。監督は衣笠貞之助、主演は山本富士子カラー大映スコープ、97分。

衣笠監督・山本主演の泉鏡花ものの一本[2]第12回カンヌ国際映画祭で特別表彰を受けた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

テレビドラマ化[編集]

1960年・NTV版[編集]

1960年(昭和35年)3月5日から3月26日にかけて、NTVの『日産劇場』枠(21:15-21:45)にて放送された。全4回。

キャスト
日本テレビ放送網 日産劇場
前番組 番組名 次番組
白鷺 (小説)

1960年・KR版[編集]

1960年(昭和35年)5月22日に、KR(現TBS)の『東芝日曜劇場』(21:45-22:45)にて放送された。

キャスト
KR 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
白鷺 (小説)

1968年版[編集]

1968年(昭和43年)7月2日に、MBSの『テレビ文学館 名作に見る日本人』枠(22:00-23:00)にて放送された。脚本は円地文子

キャスト
MBS テレビ文学館 名作に見る日本人
前番組 番組名 次番組
白鷺 (小説)

1969年版[編集]

1969年(昭和44年)10月18日に、NETの『怪奇ロマン劇場』で放送された。

キャスト

1974年版[編集]

1974年(昭和49年)1月23日から1月23日にかけて、NETの女・その愛のシリーズで放送された。全2回。監督は中村登、企画はマキノ雅弘、音楽は坂田晃一。ナレーターは岸田今日子

キャスト

脚注[編集]

  1. ^ 『作家の自伝41 泉鏡花』、佐伯彰一松本健一(監修)、日本図書センター、1997年、p.297
  2. ^ スターと監督 長谷川一夫と衣笠貞之助「白鷺」東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年3月24日閲覧

外部リンク[編集]

1941年の映画
1958年の映画