ゼロ・ファイター 大空戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ゼロ・ファイター 大空戦』(ゼロ・ファイター たいくうせん)は、1966年7月13日に公開された日本特撮映画。製作、配給は東宝モノクロ東宝スコープ。上映時間は92分。併映は三船プロダクション作品『怒涛一万浬』(主演:三船敏郎。監督:福田純)。

概要[編集]

東宝初の零戦を題材とした映画[1]森谷司郎の監督デビュー作でもある[1]

空中戦のシーンでは、本編班撮影による搭乗員の描写と特撮による戦闘機のカットのつながりに細心の注意が払われ、それまでの東宝戦記映画よりもスムーズなカットバックとなっている[1]

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

本編[編集]

特殊技術[編集]

特殊視覚効果[編集]

キャスト[編集]

※映画クレジット順

※以下ノンクレジット出演者

出典[編集]

  1. ^ a b c 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、173頁。ISBN 4766927060

外部リンク[編集]