大空のサムライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大空のサムライ(おおぞらのサムライ)は、坂井三郎自叙伝的な戦記

概要[編集]

坂井三郎の最初の戦記にあたるものは1953年(昭和28年)に出版協同社より刊行された『坂井三郎空戦記録』である。これとは別の新作としてマーチン・ケイディンなどとの共著で『SAMURAI!』が出版されている。「大空のサムライ」はそれらと別に1972年(昭和47年)7月12日に光人社より初版が刊行された書籍である。

ただし、それぞれの著書にゴーストライターの存在が指摘されている。作家の神立尚紀の取材では、『坂井三郎空戦記録』は福林正之が坂井への取材や独自の取材などをもとに書き、『SAMURAI!!』はフレッド・サイトウによる坂井へのインタビューをもとにマーチン・ケイディンが脚色して書き、『大空のサムライ』は光人社社長の高城肇がアメリカ的な空戦活劇である『SAMURAI!!』を坂井と相談して日本向けに直したことを坂井も認めている[1][2]。マーチン・ケイディンが撃墜数を創作するなど、内容に関しても実際の記録との食い違いやフィクションが多数存在する[3]

書誌情報[編集]

坂井三郎空戦記録
ISBN 4-06-256087-9、下 ISBN 4-06-256088-7
  • 『大空のサムライ』上、下(講談社+α文庫、2001年)  『坂井三郎空戦記録』の改題新装版
死闘の果てに悔いなし ISBN 4-06-256513-7、下 還らざる零戦隊 ISBN 4-06-256514-5
大空のサムライ
  • 『大空のサムライ かえらざる零戦隊』(光人社NF文庫、2003年新装版) ISBN 4-7698-2001-1
  • 『続・大空のサムライ 回想のエースたち』(光人社NF文庫、2003年新装版) ISBN 4-7698-2004-6
  • 『戦話・大空のサムライ 可能性に挑戦し征服する極意』(光人社NF文庫、2003年新装版) ISBN 4-7698-2024-0
  • 『大空のサムライ・完結篇 撃墜王との対話』(光人社NF文庫、2003年新装版) ISBN 4-7698-2392-4  高城肇との対談
写真集
  • 雑誌「丸」編集部 編『写真 大空のサムライ』(光人社、2008年新装改訂版) ISBN 978-4-7698-1398-9
イラスト集
  • 佐竹政夫 画\三野正洋 解説『ザ・サムライ イラスト坂井三郎空戦記録』(ワック、2003年) ISBN 4-89831-047-8

映画[編集]

映画『岸壁の母』を制作した大観プロダクションが企画、東宝の製作・配給により、1976年(昭和51年)に映画化され、全国東宝系で公開された。表題は同じだが、内容は出版されている坂井三郎のどの自伝にも基づかないオリジナル作品である[4]

大観プロダクション(大観宮)は、ねずみ講組織である「天下一家の会」の宗教法人であり、坂井が「天下一家の会」の広告塔的存在だったこともあって、本作はその資金提供を受けていた。訴訟が相次ぎ、ねずみ講は社会問題化していたが、宗教法人が映画によって広報活動をする流れで映画化されている[5]。映画の冒頭で坂井本人が登場して、戦後は赤十字飛行隊で活躍している名乗っているが、坂井が赤十字飛行隊に在籍したことはないなど、内容に多数のフィクションが存在する。

現在までにビデオ化(廃盤)、DVD化されている。

特撮
特技監督の川北紘一は本作が映画初監督である[6]
川北のこだわりにより、航空機のミニチュアはすべて新規造形で、過去の作品からのフィルム流用もない[6]
墜落した零戦の炎上シーンは本編版と特撮班でそれぞれ撮影され、特撮班によるものが採用された[6]
クライマックスでは日本で導入されたばかりのフロントプロジェクションが使用されている[6]

スタッフ[編集]

特殊技術[編集]

キャスト[編集]

DVD[編集]

2007年(平成19年)7月25日ジェネオン・エンタテインメント株式会社より発売(デラックス版)

  • 提供:株式会社ドリーム・プラネット・ジャパン
  • プロデューサー:田中満
  • 制作:中山剛志、大船龍二
  • インタビュー出演:須崎勝彌、川北紘一
  • ナレーション:片村瞬
  • 協力:東京現像所
  • 撮影協力:靖国神社遊就館
  • 資料提供:潮書房、月刊『』編集部、田中ショウリ、吉田正敏、ニューギニア航空、京南株式会社、朝日新聞社
  • 演出:吉田至次
  • 監修:川北紘一
  • 製作:ドリーム・プラネット・ジャパン

出典[編集]

  1. ^ 『祖父たちの零戦』p315-325
  2. ^ 神立尚紀ブログ
  3. ^ 『祖父たちの零戦』p321
  4. ^ 大空のサムライ
  5. ^ 『祖父たちの零戦』p339~344
  6. ^ a b c d 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、245頁。ISBN 4766927060

関連書籍[編集]

関連項目[編集]