江間俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江間俊一

江間 俊一(えま しゅんいち、文久元年5月10日[1]1861年6月17日) - 昭和8年(1933年5月31日[2])は、静岡県出身の、日本弁護士政治家青木しのぶ女優)の父、小桜葉子(女優)の祖父、加山雄三俳優)の曾祖父に当たる。

経歴[編集]

1861年(文久元年)5月、遠江(とおとうみ、現・静岡県田方郡)に出生。

1889年明治法律学校(現在の明治大学)卒業[3]後、弁護士となり、東京弁護士会常議員、議長を歴任した。

政治家としては東京府会議員、東京市会議員・議長などを務め[2]1902年明治35年)には第7回衆議院議員総選挙立憲政友会から出馬して当選し、その後も第10回衆議院議員総選挙無所属)、第12回衆議院議員総選挙立憲同志会)に当選した。

日露戦争の功で勲四等を受け、鉄道会社の社長なども務めた。

1918年大正7年)、政治家を引退し、腹式呼吸と静座を基本とした「江間式心身鍛錬法」という気合術の普及につとめる[2]ようになる。横綱大錦三段目のときに座骨神経痛を一発の気合で治療し、さらに57回にわたり気合いをいれるなどして、横綱への道を歩ませた逸話は有名。

苦学生のための奨学金制度をつくり、多くの若者の世話をした。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『江間式心身鍛練法』、1918年。