岡田泰蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田泰蔵

岡田 泰蔵(おかだ たいぞう、明治元年10月16日[1]1868年11月29日) - 昭和28年(1953年8月11日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。弁護士

経歴[編集]

丹後国竹野郡(のちの京都府上宇川村、現在の京丹後市)出身。1891年(明治24年)、東京法学院(現在の中央大学)を卒業し、同年に弁護士となった[3]1896年(明治29年)よりアメリカ合衆国に留学し、イェール大学で学位を受け、アメリカカトリック大学で修士号と博士号を得た[1]。帰国後は神戸市で弁護士を開業し、神戸弁護士会副会長に選ばれ、さらに神戸市助役に就任した[1]

1908年(明治41年)、第10回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第11回衆議院議員総選挙でも再選された。

著書[編集]

  • 『国民的理想』(1906年、有斐閣)
  • 『立言十一章 国政夜話』(1919年、博文館)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『人事興信録』
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年
  3. ^ 『近畿弁護士評伝』pp.89-92

参考文献[編集]

  • 越山鬼城『近畿弁護士評伝』潜竜館、1900年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。