高橋安爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 安爾(たかはし あんじ、1859年安政6年)10月 - 1923年大正12年)7月3日)は、日本の政治家弁護士

経歴[編集]

宮城県桃生郡出身。明治法律学校明治大学)卒業。代言人試験に合格し、法律事務に従事。以後、埼玉県会議員などを経て、埼玉県より立憲政友会所属で国政に出馬。第4回衆議院議員総選挙で当選し、第9回衆議院議員総選挙でも再選を果たす。衆議院懲罰委員長などを務めた。勲四等。

親族[編集]

  • 高橋泰雄 – 息子。衆議院議員、初代浦和市長、弁護士。
  • 北井波治目 – 息子の妻の父。衆議院議員、弁護士。

参考文献[編集]

  • 『衆議院議員略歴 - 第1巻』衆議院事務局 1936年
  • 『埼玉人物事典』埼玉県教育委員会編 埼玉県 1998年