則元由庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
則元由庸

則元 由庸(のりもと なおつね 文久2年2月21日[1]1862年3月21日) – 昭和6年(1931年8月6日)は、日本の政治家弁護士

略歴[編集]

1862年、熊本県にて出生。明治法律学校明治大学)卒業。

長崎県で弁護士を開業した後に、長崎市会議員となり、1901年1909年の2度に亘り、市会議長を務める。

また、国政にも進出し、1912年衆議院議員となり、以後、立憲民政党などから計7回当選する。

実業界に於いては、1911年長崎日日新聞社長に就任した他、九州鉄道取締役なども務めた。

1931年、死去。70歳。

脚注[編集]

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。

外部リンク[編集]