柳沢保恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳沢保恵

柳沢 保恵(やなぎさわ やすとし、1871年2月5日明治3年12月16日) - 1936年昭和11年)5月25日)は、日本の統計学者政治家実業家華族伯爵)。

経歴[編集]

越後黒川藩主・柳沢光昭の次男として、越後国北蒲原郡黒川村(現・新潟県胎内市)に生まれる[1]。幼名は利丸、前名は光敏。保恵の出生前に父の家督は養子の柳沢光邦がすでに継いでおり、明治19年(1886年)、旧大和郡山藩主の柳沢保申の養子となった(光昭は郡山藩主家の出身であり、保申は保恵の従兄に当たる)。柳沢一族のなかの優秀な男子ということで本家の養子に選ばれた。同19年、養父保申の次女秀子と婚約し、婿養子のかたちになった。明治26年(1893年)10月27日、保申の死去により家督を相続した。

明治27年(1894年)7月、学習院大学を卒業した。同年10月、ヨーロッパに留学、ドイツオーストリアベルギーの大学で統計学などを学んだ。当初3年間だった留学を6年間に延長した。明治33年(1900年)9月、フランスカナダなどに立ち寄り、帰国した。大正2年(1913年)7月、柳沢統計研究所を設立した。

明治37年(1904年)より貴族院議員となり、予算委員長を務めた。大正7年(1918年)より東京市会議員となり、議長を務めた。また、第一生命初代社長などを歴任した。

夫人の秀子との間に一男一女あり。長女露子は外交官岡本季正に嫁いだ。なお、秀子の弟(保申の長男)保承を養子に迎え、家督を継がせた。

将棋棋士との関わり[編集]

柳沢保恵と子女

有望な人士の面倒を見ることを好み、物心両面で援助をした。特に将棋棋士への援助は厚く、自身も愛棋家であり「将棋の殿様」と呼ばれ、阪田三吉木村義雄十四世名人などを援助していた。

阪田は「御前様のひいきがなかったら、わしはなかった。いまのわしはすべて御前様のお陰や」(阪田は柳沢を「御前様」あるいは「三位様」と呼んでいた)を口癖にしていたという。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 20世紀日本人名事典
  2. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  3. ^ 『官報』第1630号「叙任及辞令」1918年1月11日。
  4. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
柳沢保申
伯爵
郡山柳沢家第2代
1893年 - 1936年
次代:
柳沢保承
ビジネス
先代:
(初代)
第一生命保険社長
初代:1902年 - 1915年
次代:
矢野恒太