戸沢民十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
戸沢民十郎

戸沢 民十郎(とざわ たみじゅうろう、1878年明治11年)5月20日[1]1952年昭和27年)9月23日[2])は、衆議院議員憲政会立憲民政党)、司法参与官弁護士

経歴[編集]

香川県小豆郡安田村(現在の小豆島町)出身。1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、高松市で弁護士事務所を開業した。1914年大正3年)、高松市会議員に当選。1918年(大正7年)、香川県会議員に当選した。その後、東京市で弁護士事務所を開いた[1]

1924年(大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、5回連続当選を果たした。その間、第2次若槻内閣で司法参与官を務めた。

また南満洲太興合名会社の理事となり、同社の子会社の天図鉄道公司の総弁に就任した[3]。その他に図們鉄道会社監査役も務めた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『帝国人事大鑑』
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『衆議院要覧』
  4. ^ 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第7版』 人事興信所、1925年
  • 『衆議院要覧(乙)昭和三年』 衆議院事務局1928年
  • 『昭和十一年度版 帝国人事大鑑』 帝国日日通信社、1936年
  • 『衆議院要覧(乙)昭和十七年十一月』 衆議院事務局1942年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年