中西六三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中西六三郎

中西 六三郎(なかにし ろくさぶろう、慶応2年1月27日1866年3月13日) - 昭和5年(1930年2月3日)は、日本の衆議院議員立憲政友会政友本党立憲民政党→無所属)、弁護士

経歴[編集]

京都に中西新左衛門の長男として生まれる。大阪府立中学校、ついで神戸法律学校を卒業。裁判所書記を経て、1887年明治20年)に判検事登用試験に合格。判事試補として福井始審裁判所に配属された後、1889年(明治22年)に判事となって、敦賀治安裁判所、増毛治安裁判所、札幌地方裁判所で勤務した。1891年(明治24年)、官を辞して札幌で弁護士を開業し、1894年(明治27年)には弁護士会長に選出された。1902年(明治35年)、北海道会議員に当選し、議長に選出された。

1904年(明治37年)、第9回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、当選回数は5回を数えた。

参考文献[編集]

  • 『故中西先生三周年記念 中西六三郎言論集』 弘文社、1933年