リオの若大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リオの若大将
監督 岩内克己
脚本 田波靖男
製作 藤本真澄大森幹彦
出演者 加山雄三星由里子田中邦衛
音楽 服部克久
主題歌 『ある日渚に』
撮影 斎藤孝雄
編集 小川信夫
配給 東宝
公開 日本の旗 1968年7月13日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ゴー!ゴー!若大将
次作 フレッシュマン若大将
テンプレートを表示

リオの若大将』(リオのわかだいしょう)は、加山雄三主演の日本映画若大将シリーズの第12弾。「若大将シリーズ・学生編」のラスト作品。リオデジャネイロでロケーションされた。1968年7月13日公開。東宝製作。同時上映「年ごろ」(内藤洋子黒沢年男主演)

あらすじ[編集]

京南大学フェンシング部主将の田沼雄一(加山)は、大型船舶設計者の教授のお供でブラジルへ出張していた。そこで、ふとしたことで日本の旅行代理店に勤務する押田澄子(星)と知り合い、お互いが引かれて行く。

しかし、日本に帰国した雄一はフェンシング部、自らの率いるバンド"ランチャーズ"の活動と多忙を極め、澄子と会う機会があまりなかった。そうしているうちに、親友の"青大将"こと石山新次郎(田中)が、ランチャーズや澄子のことについて色々と横やりを入れて来るようになった。さらに、ブラジルの現地工場長の娘、江美子(中尾)が若大将に好意を持つようになり…。

エピソード[編集]

日程・予算の関係で、映画の第二の舞台であるリオデジャネイロでのロケには、加山・中尾・田中・ランチャーズは参加しているが、星のリオでの登場シーンは、すべて日本国内で撮影されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主な楽曲[編集]

  • 「ある日渚に」 ※リオのホテルでの再会シーン&エンディングに使用される。
  • 「シェリー」 ※リオでのクラブで、雄一&ザ・ランチャーズ&中尾ミエ(ピアノ)が演奏。
  • 「ロンリー・ナイト・カミング」 ※代々木公園での、雄一と澄子のシーンに使用される。
  • 「ナイト・メアー」 ※「大学対抗バンド合戦」で、雄一(キーボード)&ザ・ランチャーズ&青大将(ギター)が演奏するが、青大将のミスで失敗する。
  • 「恋のシャロック」(中尾ミエ) ※雄一と江美子(中尾)の初対面時、江美子が唄っていた。
  • 「恋のさだめ」(中尾ミエ) ※「大学対抗バンド合戦」で、演奏される。

外部リンク[編集]

若大将映画作品
通番 題名 公開日 脚本 監督
第1作 大学の若大将 1961年7月8日 笠原良三
田波靖男
杉江敏男
第2作 銀座の若大将 1962年2月10日
第3作 日本一の若大将 1962年7月14日 福田純
第4作 ハワイの若大将 1963年8月11日
第5作 海の若大将 1965年8月8日 田波靖男 古澤憲吾
第6作 エレキの若大将 1965年12月9日 岩内克己
第7作 アルプスの若大将 1966年5月28日 古澤憲吾
第8作 歌う若大将 1966年9月10日 長野卓
第9作 レッツゴー!若大将 1967年1月1日 岩内克己
第10作 南太平洋の若大将 1967年7月1日 古澤憲吾
第11作 ゴー!ゴー!若大将 1967年12月31日 岩内克己
第12作 リオの若大将 1968年7月13日
第13作 フレッシュマン若大将 1969年1月1日 福田純
第14作 ニュージーランドの若大将 1969年7月12日
第15作 ブラボー!若大将 1970年1月1日 岩内克己
第16作 俺の空だぜ!若大将 1970年8月14日 小谷承靖
第17作 若大将対青大将 1971年1月9日 岩内克己
第18作 帰ってきた若大将 1981年2月11日 小谷承靖