香山滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かやま しげる
香山 滋
生年月日 (1904-07-01) 1904年7月1日
没年月日 (1975-02-07) 1975年2月7日(満70歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都新宿区神楽坂
職業 小説家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1946年 -

香山 滋(かやま しげる、1904年(明治37年)7月1日 - 1975年(昭和50年)2月7日[1])は小説家で、探険小説や幻想的な小説で活躍した他、映画『ゴジラ』の原作者としても知られる。本名は山田鉀治(やまだ こうじ)。東京都出身。

経歴[編集]

東京神楽坂に生まれる。東京府立第四中学卒業後、法政大学経済学部を中退し、大蔵省に入省して預金部に勤める。1940年、短歌誌「蒼生」に参加し、歌人として文芸活動を開始。代表的短歌は「月二つ空にかかれり今宵われ酔い痴れしとは思われなくに」。

1946年、雑誌宝石』の第1回懸賞に応募した「オラン・ペンデクの復讐」が入選。以後同誌などで旺盛に創作活動を開始し、第2作『海鰻荘奇譚』で日本探偵作家クラブ賞新人賞受賞。1949年5月に大蔵省を退任し、1年半ほど岩谷書店嘱託となる。

多くの空想小説、秘境探険小説で珍獣、怪獣を登場させていたことで、1954年に香山のファンだという東宝プロデューサー田中友幸に、水爆を象徴するような大怪物という意図で『G作品』(ゴジラ)のストーリー作りを任され、原案とシナリオを提供。映画化後に小説版『怪獣ゴジラ』を岩谷書店から刊行する。1963年以降、作品の発表は散発的となった。1975年心不全のため死去、同年『幻影城』5月号の追悼特集で島田一男は「偉大な大人の童話作家」と評した。

作品[編集]

冒険家人見十吉(ひとみじゅうきち)を主人公にした秘境探険小説は、1946年「エル・ドラドオ」から1961年「十万弗の魚料理」まで19中短編と、1973年 - 1974年『恐怖島』、1976年『悪霊島』の2長編がある。

他に怪奇小説、幻想小説、少年向け冒険小説、SF小説などがある。

代表作[編集]

  • 1947年 - 「オラン・ペンデクの復讐
  • 1947年 - 「海鰻荘奇談
  • 1948年 - 「怪異馬霊教
  • 1948年 - 「白蛾
  • 1948年 - 「ソロモンの桃
  • 1948年 - 「蜥蜴の島
  • 1948年 - 「エル・ドラドオ
  • 1948年 - 「金鶏
  • 1949年 - 「月ぞ悪魔
  • 1949年 - 「情死
  • 1954年 - 「怪獣ゴジラ」(香山原作の映画をラジオドラマ化したものをシナリオ形式でノヴェライズ。1955年には「ゴジラ」(東京編・大阪編)として映画2作のノヴェライズを行っている。こちらは純然たる小説形式。香山執筆の原作は「G作品検討用台本」)
  • 1955年 - 『獣人雪男』(こちらも香山原作の映画をノヴェライズ。原作は「S作品検討用台本」)「魔婦の足音」
  • 1958年 - 「ペット・ショップ・R」
  • 1958年 - 「妖蝶記

作品集[編集]

  • 『美しき山猫』春陽文庫 1954年
  • 『秘境の女』 小壷天書房 1958年
  • 『魔境原人』同光社 1959年
  • 『月ぞ悪魔』出版芸術社 1993年
  • 竹内博編『香山滋全集(全14巻、別巻1)』三一書房 1993年 - 1997年
  • 香山滋傑作選『ソロモンの桃』『オラン・ペンデクの復讐』『妖蝶記』 社会思想社現代教養文庫) 1977年
  • 『怪奇探偵小説名作選10 香山滋集 魔境原人』筑摩書房ちくま文庫) 2003年

受賞歴[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 生年は、生前には1909年生まれと自称していた。

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]