香山滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香山 滋かやま しげる
本名 山田鉀治
生年月日 (1904-07-01) 1904年7月1日
没年月日 (1975-02-07) 1975年2月7日(70歳没)
出生地 東京都新宿区神楽坂
死没地 東京都港区神谷町
国籍 日本の旗 日本
職業 小説家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1946年 -
配偶者 山田さだ(妻)
テンプレートを表示

(かやま しげる、1904年(明治37年)7月1日 - 1975年(昭和50年)2月7日[1][注釈 1])は日本小説家で、探険小説や幻想小説で活躍したほか[1]、映画『ゴジラ』の原作者としても知られる。本名は(やまだ こうじ)[1]東京都出身。

経歴[編集]

東京神楽坂に生まれる[1]東京府立第四中学時代に横山又次郎『前世界史』を読んだことをきっかけに、恐竜をはじめとした古生物に魅せられ、独学で地質学古生物学を学ぶ。法政大学経済学部を中退し、大蔵省に入省して預金部に勤める[1]。1933年に結婚し、一女をもうける。

1940年、北原白秋門下の歌人筏井嘉一が創刊した短歌誌「蒼生」に参加し、歌人として文芸活動を開始。短歌の代表作は「月二つ空にかかれり今宵われ酔い痴れしとは思われなくに」。痩身であり、ガンジー本因坊秀哉と並んで世界三ヤセと言われたこともある[2]

1946年、雑誌宝石』の第1回懸賞に応募した「オラン・ペンデクの復讐」が入選[1]。以後同誌などで旺盛に創作活動を開始し、第2作『海鰻荘奇談』で日本探偵作家クラブ賞新人賞受賞[1]。1949年5月に大蔵省を退官し、1年半ほど岩谷書店嘱託となる。ペンネームは、本名の山、鉀、治の字の音をとって、大蔵省を退官したのが「青葉香る五月」だったことから付けた[2]

山田風太郎高木彬光島田一男、香山、大坪砂男の5人で「探偵小説界の戦後派五人男」と呼ばれた。また、1950年、山田風太郎高木彬光島田一男らと若手探偵作家の会「鬼クラブ」を結成して、同人誌『鬼』を刊行した[3]

多くの空想小説、秘境探険小説で珍獣、怪獣を登場させていた。1954年には、香山のファンだという[要出典]東宝プロデューサー田中友幸に、『G作品』(ゴジラ)のストーリー作りを任され、原案を提供[4]。映画化後に小説版『怪獣ゴジラ』を岩谷書店から刊行する[注釈 2]

1963年以降、作品の発表は散発的となった。

1975年2月7日午後1時30分に心不全のため、山口病院で死去(享年70)[6]。同年『幻影城』5月号の追悼特集で島田一男は「偉大な大人の童話作家」と評した。

作品[編集]

冒険家人見十吉(ひとみじゅうきち)を主人公にした秘境探険小説は、1946年「エル・ドラドオ」から1961年「十万弗の魚料理」まで19中短編と、1948-49年『恐怖島』、1951-52年『悪霊島』の2長編がある。

他に怪奇小説、幻想小説、少年向け冒険小説、SF小説などがある。

人見十吉シリーズ

  • 『エル・ドラドオ』(『ダイヤ』1948年2月号)
  • 『美しき獣』(『ホープ』1948年9月号)
  • 『恐怖島』東方社、1955年(『Gメン』1948年11・12月,『X』1949年1-11・12月、長編)
  • 『海蛇の島』(『ホープ』1948年12月号)
  • 『沈黙の復讐』(『講談倶楽部』1949年4月号)
  • 『美しき山猫』(『婦人画報』1949年4月-9月)
  • 『人魚』(『講談倶楽部』1949年6月号)
  • 『緑の蜘蛛魚』(『週刊朝日』1949年7月増刊号)
  • 『爬虫邸奇譚』(『小説の泉』1949年11月号)
  • 『タヒチの情火』(『新青年』1950年11月号)
  • 『心臓花』(『宝石』1950年4月号)
  • 『魔林の美女』(『富士』1950年7月号)
  • 『不死の女王』(『富士別冊』1950年8月号)
  • 『悪霊島』春陽堂書店、1955年(『探偵実話』1951年8月-1952年4月号、長編)
  • 『シャト・エル・アラブ』(『宝石』1952年8月号)
  • 『有翼人を尋ねて』(『探偵倶楽部』1954年1月号)
  • 『熱砂の涯』(『読切小説集』1954年8月号)
  • 『沙漠の魔術師』(『キング』1955年2月増刊号)
  • 『ソロモンの秘宝』(『読切小説集』1955年8月号)
  • 『マンドラカーリカ』(『宝石』1959年10月)
  • 『十万弗の魚料理』(『宝石』1961年3月)

長編小説

  • 『火星への道』(『宝石』1950年6月-1951年4月)スパイ小説
  • 『怪異馬霊教』岩谷書店、1948年(書き下ろし、付録に「白蛾」)
  • 『ソロモンの桃』(『宝石』1948年9月-1949年5月)
  • 『海底牢獄』偕成社、1949年
  • 『半爬虫人』(『夕刊北海道新聞』1950年7月30日-9月1日)
  • 『Z・9』光文社、1949年(『少年世界』1949年1-7月、後半部書き下ろし)
  • 『怪龍島』愛文社、1953年(『探偵少年』1948年6月-)
  • 『怪獣ゴジラ』岩谷書店、1954年[注釈 3]
  • 『ジャングルと砂漠』大蔵出版、1955年
  • 『科学と冒険』大蔵出版、1955年
  • 『剥製人間』東方社、1955年
  • 『悪霊島』春陽堂書店、1955年(『探偵実話』1951年8月-1952年4月)
  • 『魔婦の足音』講談社、1955年
  • 獣人雪男』1955年(『小説サロン』1955年8-10月[注釈 4]
  • 『魔婦の足跡』講談社、1955年(書き下ろし)
  • 『悲恋の魔術師』(『小節と読物』1956年1月-5月)
  • 『地球喪失』(『宝石』1956年1月-12月)
  • 『秘島X13号』東光出版社、1958年
  • 『悪魔の教科書』文芸評論新社、1958年
  • 『魔境原人』同光出版、1959年
  • 『霊魂は訴える』桃源社、1960年(書き下ろし)
  • 『臨海亭奇譚』講談社、1960年(書き下ろし)
  • 『魔女のいる町』(『時の窓』1960年8月-1961年7月)
  • 『ペットショップ・R』(『ミステリー』1962年1-12月)
  • 『狂夢の記録』(『ニュース特報』1964年2-7月)
  • 『怪物ジオラ』毎日新聞社、1969年(『よみうり少年少女新聞』1957年10月22日-1958年4月2日)

主な短編小説

  • 「オラン・ペンデクの復讐」(『宝石』1947年4月)
  • 「海鰻荘奇談」(『宝石』1947年5-7月)
  • 「蜥蜴の島」(『宝石』1948年1月)
  • 「オラン・ペンデク後日譚」(『別冊宝石』1948年1月)
  • 「金鶏」(『新探偵小説』1948年6月)
  • 「月ぞ悪魔」(『別冊宝石』1949年1月)
  • 「情死」(『読物界』1949年1月)
  • 「北京原人」(『宝石』1952年4月)
  • 「キキモラ」(『宝石』1952年7月)
  • 「妖蝶記」(『宝石』1958年1月)
  • 「オラン・ペンデク射殺事件」(『宝石』1959年1月)
  • 「マグノリア」(『推理界』1968年4月)
  • 「ガブラ」(『別冊小説宝石』1971年8月)最後の作品

作品集

  • 『剥製師Mの秘密』江戸書院、1948年
  • 『オラン・ペンデク奇譚』岩谷書店、1948年
  • 『木乃伊の恋』岩谷書店、1948年
  • 『蜥蜴夫人』扶桑書房、1948年
  • 『悪魔の星』ポプラ社、1949年
  • 『美しき山猫』春陽文庫 1954年
  • 『遊星人M他』春陽堂書店、1956年
  • 『女食人族』東西文明社、1956年
  • 『秘境の女』 小壷天書房 1958年
  • 『妖蝶記』講談社、1959年
  • 『魔境原人』同光社 1959年
  • 『海鰻荘奇談』桃源社、1969年
  • 『月ぞ悪魔』出版芸術社 1993年
  • 竹内博編『香山滋全集(全14巻、別巻1)』三一書房 1993年 - 1997年
  • 香山滋傑作選『ソロモンの桃』『オラン・ペンデクの復讐』『妖蝶記』 社会思想社現代教養文庫) 1977年
  • 『怪奇探偵小説名作選10 香山滋集 魔境原人』筑摩書房ちくま文庫) 2003年

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 生年は、生前には1909年生まれと自称していた。
  2. ^ 田中は、これが日本でのノベライゼーションのはしりではないかと述べている[5]
  3. ^ 香山原作の映画をラジオドラマ化したものをシナリオ形式でノヴェライズ。1955年には「ゴジラ」(東京編・大阪編)として映画2作のノヴェライズを行っている。こちらは純然たる小説形式。香山執筆の原作は「G作品検討用台本」。
  4. ^ 香山原作の映画をノヴェライズ。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 東宝特撮映画全史 1983, p. 540, 「特撮映画スタッフ名鑑」
  2. ^ a b 田中文雄「ロマンと幻想の詩人 香山滋インタビュー」(「『幻想文学 第8号』幻想文学会出版局、1984年9月)
  3. ^ ユリイカ』2001年12月号・特集山田風太郎P.188日下三蔵「山田風太郎執筆年譜」
  4. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 92, 「東宝特撮映画作品史 ゴジラ」
  5. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 53, 「田中友幸 特撮映画の思い出」
  6. ^ 読売新聞1975年2月8日夕刊7面より

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』、監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 田中文雄 『神を放った男 映画製作者田中友幸とその時代』キネマ旬報社、1993年。ISBN 4-87376-070-4 
  • 井上英之 『検証・ゴジラ誕生―昭和29年・東宝撮影所』朝日ソノラマ、1994年。ISBN 4257033940 
  • 中島河太郎「解題」「香山滋作品目録」(『妖蝶記』)

外部リンク[編集]