幻影城 (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『幻影城』(げんえいじょう)とは、1975年(昭和50年)から1979年(昭和54年)まで発行されていた日本の小説雑誌である。

概要[編集]

発行元は、創刊号である1975年2月号から1976年1月号までは絃映社であったが、1976年2月号から最終号の1979年7月号までは、株式会社幻影城であった。書誌研究者としても知られる島崎博が編集長を務めていた。探偵小説専門の雑誌であり、戦前の探偵小説などを多く掲載した。作家ごとに編集された『別冊幻影城』もある(全16冊)。

1975年に始めた幻影城新人賞からは泡坂妻夫栗本薫田中芳樹連城三紀彦らがデビューしている。また、同誌には1975年の秋に結成された愛読者によるファンクラブ「怪の会」も存在し、宮部みゆき長谷部史親縄田一男よしだまさし横井司山前譲らが参加していた。

1978年4月号の「編集後記」では、次号から『幻影城』は研究評論中心の季刊誌とし、新たに小説中心の月刊誌を創刊するという旨が記されたが、しかし、『ブラックホール』と題された新雑誌が刊行されることはなかった。創刊50号記念特大号となった1979年1月号は300ページを超える最大のボリュームとなったものの、次号から休刊。5月号で復刊したが、結局、1979年7月号が最終巻となった。

2016年、創刊40周年を機に「終刊号」を特別編集、刊行することが決定。この号には、栗本の変名「京堂司」で書かれた4本の短編が掲載された。

主な掲載作品[編集]

参考文献[編集]

  • 『幻影城の時代』の会・編『幻影城の時代』(自費出版、2006年)
    • 回顧編と資料編の2部構成。回顧編は2004年にミステリーファンが実現させた島崎博のインタビューを中心に、友人の評論家の権田萬治ら関係者が当時を語り、泡坂、栗本、連城など出身作家が回顧原稿を書き、直接間接に同誌に触れた宮部みゆき、北村薫らがオマージュを寄せた。資料編では島崎博の仕事リストや、通史、休刊理由の推測などが収められた。
  • 本多正一 編『幻影城の時代 完全版』(講談社BOX、2008年) ISBN 978-4-06-215144-3
    • 上記本の増補版。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]