本多正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほんだしょういち
本多正一
生誕 1964年12月17日
栃木県宇都宮市
国籍 日本の旗 日本
出身校 青山学院大学文学部
職業 写真家

本多 正一(ほんだ しょういち、1964年12月17日 - )は栃木県宇都宮市出身の写真家、文筆家、ミステリ研究。

人物[編集]

中学2年生の頃、中井英夫虚無への供物』を読み、圧倒される[1]

青山学院大学文学部卒業後、写真に興味を持ち始めたとき、中井が世田谷区羽根木の家を引き払うというエッセイを読み、家の写真を撮影しておこうと1989年6月に羽根木を訪れたところ、門前で偶然中井と遭遇。そのまま中井家に招き入れられ、以降、1993年に中井が死去するまで、助手を務める。

1996年、写真集『彗星との日々──中井英夫との四年半──』を光村印刷Bee Booksから刊行。

1997年、東京写真月間'97として、銀座ニコンサロンで写真展「彗星との日々」を開催。この写真展は、『アサヒカメラ』誌上で高梨豊から年間写真展ベスト5のひとつに選ばれた。

『中井英夫全集』全12巻(東京創元社、1996〜2006年),『シリーズ 20世紀の記憶』(毎日新聞社、1998〜2001年)、『子不語の夢』(皓星社、2004年)、平井隆太郎『うつし世の乱歩』(河出書房新社、2006年)、『KAWADE 道の手帖 中井英夫 虚実の間(あわい)に生きた作家』(河出書房新社2007年)、『幻影城の時代 完全版』(講談社、2008年)、平井隆太郎『乱歩の軌跡』(東京創元社、2008年)、『薔薇の鉄索 村上芳正画集』(国書刊行会、2013年)などを編集。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『彗星との日々 中井英夫との四年半』光村印刷Bee Books、1996年
  • 『プラネタリウムにて 中井英夫に』葉文館出版、2000年

編著[編集]

  • 『凶鳥の黒影 ― 中井英夫へ捧げるオマージュ』(監修)河出書房新社 2004年
  • 『中井英夫戦中日記 彼方より〈完全版〉』(編)河出書房新社 2005年
  • 『うつし世の乱歩』(編) 河出書房新社、2006年
  • 『中井英夫 虚実の間に生きた作家 Kawade道の手帖』(編)河出書房新社 2007年
  • 幻影城の時代 完全版』(編)講談社 2008年
  • 『薔薇の鉄索 村上芳正画集』(編)国書刊行会、2013年

脚注[編集]

  1. ^ KAWADE 道の手帖『中井英夫 虚実の間(あわい)に生きた作家』(河出書房新社2007年)所載「妄想対談 『虚無への供物』─妄想と現実と」pp.59-60