大河原孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおかわら たかお
大河原 孝夫
生年月日 (1949-12-20) 1949年12月20日(72歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県
職業 映画監督
活動期間 1973年 -
主な作品
テンプレートを表示

大河原 孝夫(おおかわら たかお、1949年昭和24年〉12月20日[2][1] - )は日本映画監督千葉県出身[2][3]

経歴[編集]

1973年早稲田大学教育学部卒業後[4]東宝に入社[出典 1][注釈 1]。当時の東宝は撮影所志望の新入社員は採用していなかったため当初はデスクワークを行っていたが、副社長の藤本真澄の口添えを得て三好邦夫とともに撮影所へ出向[3]。助監督として、黒澤明森谷司郎降旗康男監督らに師事する[出典 2]

1987年、自らの筆によるシナリオ『超少女REIKO』が第13回城戸賞で準入賞し、1991年、自らメガホンをとり完成させる[出典 3]。当該作品にて本格的に監督デビューし[出典 4]、特撮を中心に活躍する。ゴジラシリーズは4作品を担当[出典 5]。1997年の『誘拐』は映画賞を多数受賞するなど高い評価を受けた[6][3]

作風[編集]

助監督時代の経験から、映画の面白さには脚本の出来が重要であると考え、自身の監督作品でも良い脚本を仕上げることを第一としていた[3]。また、第1稿を最初に読むときが観客と同じ受け止め方ができるとして重視している[5]

特撮ものについては、SFXによる非日常世界を描くことで、観客に面白そうだと思わせ足を運ばせるための武器であると述べている[7]。東宝特撮作品では、特撮シーンは本編班ではなく特撮監督が率いる特撮班が担当しているが、『ゴジラvsメカゴジラ』でのベビーゴジラのシーン、『ヤマトタケル』でのクマソガミのシーン、『ゴジラvsデストロイア』でのデストロイア幼体のシーンなど、大河原は本編班での特撮シーンの撮影を担当することが多かった[8]

『ゴジラvsデストロイア』に出演した林泰文は、大河原について画コンテに沿った明確な画面づくりを行っており、事前に俳優の動きを細かくプランニングした丁寧な演出であったと証言している[9]

作品[編集]

助監督[編集]

監督[編集]

インタビュー[編集]

  • 『俺とゴジラ』[11] [12]「第六回 監督 大河原孝夫氏」(2018年2月2日・前編、2月9日・後編)
    • 前編:助監督時代と森谷司郎監督
    • 後編:平成ゴジラ創造と川北紘一特技監督

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 書籍『ゴジラ来襲』では、1972年と記述している[6]
  2. ^ 逃げる群衆の先頭も担当[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 超常識 2016, p. 156, 「Column ゴジラ映画 監督・特技監督人名録」
  2. ^ a b c d e 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 230–231, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 大河原孝夫」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t VSデストロイアコンプリーション 2017, pp. 74–77, 「スタッフインタビュー 大河原孝夫」
  4. ^ 会員名鑑”. 2021年9月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k ヒットブックスVSモスラ 1992, pp. 86–87, 「監督座談会 ゴジラはスーパースター」
  6. ^ a b c d e f ゴジラ来襲 1998, p. 181, 「第5章 東宝・特撮映画主要スタッフ紳士録」
  7. ^ a b c d e f ゴジラ大全集 1994, p. 155, 「SPECIAL INTERVIEW SFX性の高い本編演出 大河原孝夫」
  8. ^ 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 153, 「ゴジラVSメカゴジラのポイント」
  9. ^ 平成ゴジラパーフェクション 2012, pp. 98–99, 「キャストインタビュー 林泰文
  10. ^ a b c d e ミレニアム超全集 2000, p. 37, 「ゴジラ2000ミレニアム完全攻略 ゴジラ2000ミレニアムを作った男たち 監督:大河原孝夫」
  11. ^ ゴジラ・ストア 大河原孝夫監督インタビュー前編
  12. ^ ゴジラ・ストア 大河原孝夫監督インタビュー後編

出典(リンク)[編集]

参考文献[編集]

  • 『ゴジラvsモスラ』構成・執筆・編集 岩畠寿明、小野浩一郎(エープロダクション)、講談社〈講談社ヒットブックス30〉、1992年12月18日。ISBN 4-06-177730-0 
  • テレビマガジン特別編集 誕生40周年記念 ゴジラ大全集』構成・執筆:岩畠寿明(エープロダクション)、赤井政尚、講談社、1994年9月1日。ISBN 4-06-178417-X 
  • 『日本映画人名事典・監督篇』キネマ旬報社、1997年。ISBN 4873762081 
  • 坂井由人、秋田英夫 『ゴジラ来襲!! 東宝特撮映画再入門』KKロングセラーズ〈ムックセレクト635〉、1998年7月25日。ISBN 4-8454-0592-X 
  • ゴジラ2000ミレニアム超全集』構成 草刈健一、渋川金次、小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、2000年1月10日。ISBN 978-4-09-101471-9 
  • 『平成ゴジラ クロニクル』川北紘一 特別監修、キネマ旬報社、2009年11月30日。ISBN 978-4-87376-319-4 
  • 『映画の賞辞典』日外アソシエーツ、2009年。ISBN 4816922237 
  • 『映画賞受賞作品事典 邦画編』日外アソシエーツ、2011年。ISBN 4816923128 
  • 『平成ゴジラパーフェクション』監修:川北紘一、アスキー・メディアワークス〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2012年2月10日。ISBN 978-4-04-886119-9 
  • 『ゴジラの超常識』[協力]東宝、双葉社、2016年7月24日 (原著2014年7月6日)。ISBN 978-4-575-31156-3 
  • 『ゴジラvsデストロイアコンプリーション』ホビージャパン、2017年12月9日。ISBN 978-4-7986-1581-3 

外部リンク[編集]