兄貴の恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

兄貴の恋人』(あにきのこいびと)は、1968年9月7日に公開された日本映画、およびそれを原作とするテレビドラマ

映画[編集]

兄貴の恋人
監督 森谷司郎
脚本 井手俊郎
製作 藤本真澄、大森幹彦
出演者 加山雄三
内藤洋子
酒井和歌子
音楽 佐藤勝
撮影 斎藤孝雄
編集 岩下広一
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1968年9月7日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東宝の製作かつ同社の配給で公開。カラーシネマスコープ。84分。

製作・配給元の東宝から、本作を収録したVHSビデオソフトとDVDビデオが発売された。DVDは2010年5月28日に発売。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

テレビドラマ[編集]

兄貴の恋人
ジャンル テレビドラマ
原作 井手俊郎
脚本 鎌田敏夫
監督 森谷司郎
大森健次郎
手銭弘喜
出演者 夏木陽介
製作
製作総指揮 原雄次郎(制作担当者)
プロデューサー 錦織正信
丹羽茂久
制作 フジテレビ
東宝
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1970年10月1日 - 1970年12月24日
放送時間 木曜 21:30 - 22:00
放送枠 日立カラー劇場
放送分 30分
回数 13
テンプレートを表示

1970年10月1日から同年12月24日までフジテレビの『日立カラー劇場』枠で放送。フジテレビと東宝の共同製作。全13話。放送時間は毎週木曜 21:30 - 22:30 (日本標準時)。

このテレビドラマ版では、映画版の脚本を担当した井手俊郎が「原作」名義でクレジットされており、映画版の監督である森谷司郎も一部の回で監督を務めた。ただし主演俳優は、加山雄三と同じ東宝俳優である夏木陽介に変更された。夏木は、次番組『兄貴の花嫁』でも主演俳優に起用されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:井手俊郎
  • 脚本:鎌田敏夫
  • 監督:森谷司郎大森健次郎手銭弘喜
  • 助監督:佐藤重直
  • 音楽:渋谷毅
  • 録音:太平スタジオ、西島正雄
  • 美術:伊東正靖
  • 撮影技術:福沢康道、宇野晋作
  • 照明:山口虎男、松田清孝
  • 編集:大高勲
  • 現像:東京現像所
  • プロデューサー:錦織正信、丹羽茂久
  • プロデューサー補:新野悟
  • 制作担当者:原雄次郎
  • 制作:フジテレビ、東宝
フジテレビ系列 木曜21:30枠
日立カラー劇場
前番組 番組名 次番組
恋人はLサイズ
(1970年5月7日 - 1970年9月24日)
兄貴の恋人
(1970年10月1日 - 1970年12月24日)
兄貴の花嫁
(1971年1月7日 - 1971年3月25日)

参考文献・出典[編集]

  • 『円谷英二の映像世界』実業之日本社、1983年。ISBN 4-408-39306-1

外部リンク[編集]